日経先物・株式・デイトレ等の投資に役立つ経済ニュースをリアル配信!日々の先物手口を夕場の寄り前に掲載。先物建玉残上位3社も掲載
 
TOPフリーエリア
『日経225先物・オプション情報局』へようこそ! パソコンの画面のサイズや設定により 両サイドがうまく表示されない場合があります 両サイド共に重要な情報が記載されていますので 表示されていない場合はスクロールにて対応お願いします!       ★日経平均先物リアルタイムニュース  ★株銘柄情報  ★特選情報  ★人気・注目ファンド      ★No.1ネット証券  ★無料銘柄診断  ★マーケットスピード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルテクト 抗ウイルス性フルテクトフィルターを採用

豚インフルエンザ、新型インフルエンザ対策に抗ウイルス性フルテクトフィルターを採用マスク

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所とシキボウ株式会社による共同研究により、洗濯50回後でも繊維に付着した鳥インフルエンザウイルスの感染価を99.9%以上低下させる抗ウイルス加工繊維「フルテクト」を開発しました。

 近年、世界中で鳥インフルエンザの感染が問題になっています。鳥インフルエンザは、家禽類のインフルエンザA型ウイルス感染症で、日本では2003年か ら2004年にかけてH5N1亜型ウイルスによる高病原性鳥インフルエンザが発生しました。また2006年に入ってインドネシア等東南アジア、中東地域、 欧州、アフリカで流行拡大の様相を呈しています。高病原性鳥インフルエンザは養鶏業界に多大な経済損失を与えるだけでなく、高病原性鳥インフルエンザウイ ルスが新型ウイルスに変異して人に感染力を持つことが公衆衛生上重視すべき問題とされています。そこで、養鶏業従事者や医療従事者の感染のリスクを低減さ せる為、鳥インフルエンザウイルスに対し抗ウイルス性を持った繊維製品(マスク、白衣、ユニフォーム等)が求められています。
 シキボウは抗菌効果の洗濯耐久性に優れた抗菌加工繊維の製造技術とノウハウを生かし、更に進化した高性能抗ウイルス加工の研究を続けてきました。
 この度、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所との共同研究により鳥インフルエンザウイルスに対し抗ウイルス効果を持ち、その洗濯耐久性に優れた繊維「フルテクト」を開発しました。
 「フルテクト」は非常に安全性の高い有機系抗ウイルス剤を繊維に架橋結合させることにより優れた抗ウイルス効果の洗濯耐久性を実現しています。「フルテ クト」に付着した鳥インフルエンザウイルスは10分間でウイルス感染価が99.9%以上低下することが動物衛生研究所で確認されました。また、洗濯を50 回繰り返しても洗濯前と同程度の効果が確認されました。
 「フルテクト」は2007年春夏商品から鶏舎作業用ユニフォーム、食品産業用白衣、マスク、フィルター、学童用制服、パジャマ、ポロシャツ、ダウンジャケット、羽毛布団側地、布団カバー、シーツ、枕カバー、タオル、医療用白衣等の用途向けに国内外で幅広く展開します。





 

アレルキャッチャー  抗ウイルス素材を使用した多機能マスク

豚インフルエンザ、新型インフルエンザ対策に抗ウイルス素材を使用した多機能マスク

本商品には、ダイワボウグループが京都産業大学(鳥インフルエンザ研究センター:
センター長 大槻公一教授)との産学協同研究において開発した素材を使用しており、この
素材はこれまでの花粉やダニのアレル物質の吸着繊維技術(信州大学との産学協同研究で
生まれた金属錯体を担持した繊維技術)を発展させました。
これにより、ダイワボウグループとして、京都産業大学と産学協同研究において開発した
抗ウイルス素材を使用したマスクは、既にダイワボウポリテック株式会社(大阪市中央区
取締役社長 長 裕美)が発売しているインフルエンザウイルス感染予防に特化した
「プロテクシールドTM」マスクと、花粉・アレルゲンの吸着素材との兼用となる(NEW)
「アレルキャッチャー®」マスクとなり、幅広くニーズにお応えしてまいります。
(NEW)「アレルキャッチャー®」マスクは、一般用として広く使用していただくために、
比較的長時間使用が可能な不織布製のプリーツ型形状を採用し、バクテリア濾過効率(BFE)
99%を有するサージカルタイプで、ウイルス飛沫等に対して高機能性を発揮します。また、
原料から最終パッケージまで、全てを日本国内での生産としました。


 

 上記以外にも

★こちらにも抗ウイルスマスクあります!

 

 

 ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング)  

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。