日経先物・株式・デイトレ等の投資に役立つ経済ニュースをリアル配信!日々の先物手口を夕場の寄り前に掲載。先物建玉残上位3社も掲載
 
TOPフリーエリア
『日経225先物・オプション情報局』へようこそ! パソコンの画面のサイズや設定により 両サイドがうまく表示されない場合があります 両サイド共に重要な情報が記載されていますので 表示されていない場合はスクロールにて対応お願いします!       ★日経平均先物リアルタイムニュース  ★株銘柄情報  ★特選情報  ★人気・注目ファンド      ★No.1ネット証券  ★無料銘柄診断  ★マーケットスピード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/31付 日興CG

東洋水産 (2875) 1M継続 目標株価3100

日本たばこ産業 (2914) 1M継続 目標株価46万円

昭和電工 (4004) 2M継続 目標株価150

信越化学工業 (4063) 1M継続 目標株価5700

テルモ (4543) 2M継続 目標株価4300円→4700

ヤフー (4689) 1H継続 目標株価42000

資生堂 (4911) 2M継続 目標株価1600

住友金属工業 (5405) 1M継続 目標株価350

DOWAホールディングス (5714) 2H継続 目標株価400

住友電気工業 (5802) 1M継続 目標株価1000円→1400

栗田工業 (6370) 1M継続 目標株価3000

東芝 (6502) 3H→2H 目標株価280円→440

富士通 (6702) 2H継続 目標株価600

三洋電機 (6764) 3H継続 目標株価100

菱食 (7451) 2M継続 目標株価2350

任天堂 (7974) 2H継続 目標株価29000

野村ホールディングス (8604) 3H→2H 目標株価790円→810

ヤマトホールディングス (9064) 2M継続 目標株価1230

日本テレビ放送網 (9404) 2L継続 目標株価12000円→12700

エヌ・ティ・ティ・ドコモ (9437) 2M継続 目標株価15万円

カプコン (9697) 2H継続 目標株価2000

ソフトバンク (9984) 2S継続 目標株価2050

武富士(8564) 3H継続 目標株価323

アコム(8572) 3H継続 目標株価1580円→1240

プロミス(8574) 3H継続 目標株価850

 

 

7/31付 クレディースイス

日本電産(6594) NeutralOUTPERFORM 目標株価6600円→8000

ケーズホールディングス(8282) OUTPERFORM-V継続 目標株価2800

円→3120

日立化成工業(4217) OUTPERFORM-V継続 目標株価1550円→2800

日本たばこ産業(2914) OUTPERFORM-V継続 目標株価370000円継続

住友信託銀行(8403) OUTPERFORM-V継続 目標株価610円継続

大東建託 (1878) OUTPERFORM継続 目標株価5850円継続

積水化学工業 (4204) OUTPERFORM継続 目標株価635円継続

三井不動産 (8801) OUTPERFORM-V継続 目標株価2000円継続

野村不動産ホールディングス (3231) OUTPERFORM-V継続 目標株

2000

信越化学工業 (4063) OUTPERFORM-V継続 目標株価5100円継続

NTT ドコモ (9437) NEUTRAL継続 目標株価150000円継続

東洋水産 (2875) NEUTRAL継続 目標株価2100円継続

日本たばこ産業 (2914) OUTPERFORM-V継続 目標株価370000円継

カプコン (9697) OUTPERFORM-V継続 目標株価2200円継続

田辺三菱製薬 (4508) UNDERPERFORM継続 目標株価850円継続

フジ・メディア・ホールディングス (4676) NEUTRAL継続 目標株

150000円継続

日本テレビ放送網 (9404) NEUTRAL継続 目標株価12000円継続

阪急阪神ホールディングス (9042) NEUTRAL継続 目標株価450円継

小田急電鉄 (9007) UNDERPERFORM継続 目標株価380円継続

京王電鉄 (9008) UNDERPERFORM継続 目標株価430円継続

西日本鉄道 (9031) NEUTRAL継続 目標株価340円継続

ベネッセコーポレーション (9783) NEUTRAL継続 目標株価3870

継続

住友商事 (8053) NEUTRAL-V継続 目標株価1130円継続

丸紅 (8002) OUTPERFORM-V継続 目標株価580円継続

セイコーエプソン (6724) UNDERPERFORM継続 目標株価1100円継

ヤマトホールディングス (9064) OUTPERFORM継続 目標株価1500

円継続

京セラ (6971) NEUTRAL継続 目標株価7200円継続

シャープ (6753) NEUTRAL継続 目標株価920円継続

ソニー (6758) UNDERPERFORM-V継続 目標株価1800円継続

三洋電機 (6764) NEUTRAL-V継続 目標株価220円継続

任天堂 (7974) OUTPERFORM-V継続 目標株価36600円継続

三菱電機 (6503) OUTPERFORM-V継続 目標株価620円継続

NEC (6701) NEUTRAL-V継続 目標株価240円継続

新光電気工業(6967) NEUTRAL継続 目標株価990円継続

イビデン(4062) OUTPERFORM継続 目標株価3860円継続

三井住友(8316) NEUTRAL継続 目標株価4530円継続

住友信託(8403) OUTPERFORM継続 目標株価610円継続

新生(8303) NEUTRAL継続 目標株価148円継続

日本精工(6471) OUTPERFORM継続 目標株価520 円継続

オークマ(6103) OUTPERFORM継続 目標株価600 円継続

ナブテスコ(6268) OUTPERFORM継続 目標株価1050円継続

NEC フィールディング(2322) NEUTRAL継続 目標株価1340円継続

ソフトバンク( 9984) OUTPERFORM-V継続 目標株価2900円継続

日本ガイシ( 5333) NEUTRAL-V継続 目標株価1880円継続

    

 

7/31付 野村証券

ソニー(6758) 21 目標株価2900円継続

野村不動産ホールディングス (3231) 21 目標株価1850

エヌ・ティ・ティ・ドコモ (9437) 1継続 目標株価21.0万円継続

ソフトバンク (9984) 1継続 目標株価2580

ジュピターテレコム (4817) 1継続 目標株価11.5万円

マツダ(7261) 1継続 目標株価320円継続

栗田工業 (6370) 1継続 目標株価3700

信越化学工業 (4063) 1継続 目標株価6000円→5800

日本たばこ産業(2914) 1継続 目標株価NA38万円

東洋水産 (2875) 1継続 目標株価3000

田辺三菱製薬 (4508) 1継続 目標株価1400円継続

日本写真印刷 (7915) 1継続 目標株価5800

ソニーフィナンシャルホールディングス(8729) 1継続

富士通 (6702) 1継続 目標株価550円→750

三菱電機 (6503) 2継続 目標株価540円→700

日本電気 (6701) 2継続

ウシオ電機 (6925) 1継続 目標株価2063円継続

セイコーエプソン (6724) 2継続 目標株価1572

任天堂 (7974) 1継続 目標株価40000円継続

シャープ(6753) 1継続

京セラ (6971) 2継続 目標株価7800円継続

新光電気工業 (6967) 2継続 目標株価930円→1400

フジ・メディア・ホールディングス (4676) 2継続 目標株価14.

1万円

日本テレビ放送網(9404) 2継続

大東建託 (1878) 1継続

三井不動産(8801) 2継続

    

7/31付 メリルリンチ

三菱電機(6503) 買い継続 目標株価850円→950

イビデン (4062) 中立継続 目標株価2800円→3000

ソフトバンク (9984) 買い継続 目標株価2100円→2250

京セラ(6971) アンダーパフォーム継続 目標株価6500円継続

ソニー(6758) 買い継続 目標株価2800円継続

 

7/31付 モルガンスタンレー

三井住友フィナンシャルグループ(8316) UnderweightEqual-we ight 目標株価3218円→5100

東洋水産(2875) Overweight継続 目標株価2500円→2550

田辺三菱(4508) Equal-weight継続 目標株価1150円→1200

フジ・メディア・HD(4676) Overweight継続 目標株価15万円→17

2千円

JT(2914) Overweight継続 目標株価43万円継続

信越化学工業(4063) Overweight継続 目標株価5500円継続

日本テレビ(9404) Overweight継続 目標株価13500

富士通(6702) Overweight継続 目標株価750円継続

キッコーマン(2801) Equal-weight継続 目標株価850円継続

NTT ドコモ(9437) Equal-weight継続 目標株価162000円継続

ソフトバンク(9984) Overweight継続 目標株価2250円継続

シャープ(6753) Equal-weight継続 目標株価900円継続

ソニー(6758) Overweight継続 目標株価3300円継続

三洋電機(6764) Underweight継続 目標株価131円継続

任天堂(7974) Overweight継続 目標株価40000円継続

 

 

7/31付 いちよし証券

矢作建設工業(1870) 2-B-MR継続 妥当株価680

ケアネット(2150) 2-C-HR→停止

オイレス工業(6282) 1-B-HR1-A-HR 妥当株価1950

    

7/31付 大和証券

新日鉄ソリューションズ (2327) 32 妥当株価1840円~2070

 

 

7/30付 コスモ証券

日立(6501) B継続

日産化(4021) B+継続

グリー(3632) B+→A

新日鉄(5401) B+継続

サカイ引越(9039) B+→B

ディーエヌエ(2432) B継続

エムスリー(2413) B+継続

冶金工(5480) A継続 目標株価700

コマツ(6301) B継続

 

7/31付 ドイツ証券

ウシオ電機(6925) BuyHold 目標株価1630円継続

大東建託(1878) Hold継続 目標株価4700円継続

キッコーマン(2801) Hold継続 目標株価900円継続

JT(2914) Buy継続 目標株価34万円継続

信越化学工業(4063) Buy継続 目標株価6100円継続

積水化学工業(4204) Hold継続 目標株価640円継続

田辺三菱製薬(4508) Buy継続 目標株価1300

ヤフー(4689) Hold継続 目標株価28000円継続

資生堂(4911) Hold継続 目標株価1680円継続

日阪製作所(6247) Hold継続 目標株価1200円継続

NEC(6701) Sell継続 目標株価300円継続

富士通(6702) Hold継続 目標株価480円継続

セイコーエプソン(6724) Hold継続 目標株価1240

ソニー(6758) Hold継続 目標株価2550円継続

京セラ(6971) Hold継続 目標株価8200円継続

村田製作所(6981) Sell継続 目標株価4000円継続

マツダ(7261) Hold継続 目標株価235円継続

任天堂(7974) Sell継続 目標株価22000円継続

三井不動産(8801) Sell継続 目標株価820円継続

ヤマトホールディングス(9064) Hold継続 目標株価1170円継続

NTTドコモ(9437) Hold継続 目標株価156000円継続

関西電力(9503) Hold継続 目標株価2250

東北電力(9506) Buy継続 目標株価2340円継続

東京ガス(9531) Buy継続 目標株価430

フジメディア(4676) Buy継続 目標株価185000円継続

TBS(9401) Hold継続 目標株価1500円継続

日本テレビ放送網(9404) Buy継続 目標株価13000

テレビ朝日(9409) Hold継続 目標株価16000円継続

テレビ東京(9411) Sell継続 目標株価1800円継続

 

7/31付 みずほ証券

ハウス食品 (2810) 2継続 目標株価1900円→1600

昭和電工 (4004) 2継続 目標株価160円→190

スタンレー電気 (6923) 13

新光電気工業 (6967) 1継続 目標株価1300円→2000

ソフトバンク (9984) 1継続 目標株価1900円継続

ベネッセコーポレーション (9783) 3継続

カプコン (9697) 2継続 目標株価2300円継続

メイテック (9744) 3継続

プロミス (8574) 4継続

ヤマトHD(9064) 2継続 目標株価1350円継続

NTT ドコモ (9437) 3継続

関西電力 (9503) 2継続 目標株価2300円継続

東北電力 (9506) 3継続

四国電力 (9507) 3継続

北海道電力 (9509) 3継続

日本テレビ放送網 (9404) 3継続

三井住友フィナンシャルグループ (8316) 1継続 目標株価5600

継続

住友信託銀行 (8403) 1継続 目標株価760円継続

武富士 (8564) 4継続

アコム (8572) 4継続

東京ガス (9531) 3継続

京セラ (6971) 3継続

日本写真印刷 (7915) 1継続 目標株価5840円継続

任天堂 (7974) 2継続 目標株価32000円継続

ケーズホールディングス (8282) 1継続 目標株価3000円継続

ウシオ電機 (6925) 3継続

信越化学工業 (4063) 1継続 目標株価5200円継続

フジ・メディア・ホールディングス (4676) 2継続

資生堂 (4911) 3継続

日本ガイシ (5333) 3継続

住友金属工業 (5405) 3継続

テルモ (4543) 3継続

田辺三菱製薬 (4508) 3継続

イビデン (4062) 3継続

日本たばこ産業 (2914) 3継続

東洋水産 (2875) 1継続 目標株価3250円継続

日清製粉グループ本社 (2002) 3継続

キッコーマン (2801) 1継続 目標株価1300円継続

神戸製鋼所 (5406) 4継続

CKD (6407) 3継続

三菱電機 (6503) 3継続

東芝テック (6588) 3継続

高岳製作所 (6621) 3継続

オムロン (6645) 3継続

NEC(6701) 3継続

富士通 (6702) 3継続

セイコーエプソン (6724) 3継続

シャープ (6753) 2継続 目標株価1200円継続

ソニー (6758) 3継続

三洋電機 (6764) 4継続

フォスター電機 (6794) 2継続

メガチップス (6875) 1継続 目標株価2800円継続

新日本無線 (6911) 3継続

 

    

7/31付 ゴールドマンサックス

キッコーマン(2801) 中立継続 目標株価910円→1000

東洋水産(2875) 買い推奨継続 目標株価2900円→3000

昭和電工(4004) 売り推奨継続 目標株価120円→140

イビデン(4062) 中立継続 目標株価2700円→2900

日本ガイシ(5333) 買い継続 目標株価2150円→2200

新光電気工業(6967) 中立継続 目標株価1100円→1300

京セラ(6971) 中立継続 目標株価7200円→7600

ケーズHD(8282) 買い継続 目標株価2900円→3200

住友信託(8403) 中立継続 目標株価420円→550

丸紅(8002) 中立継続 目標株価490円継続

住友商事(8053) 買い推奨継続 目標株価1250円継続

ハウス食品(2810) 中立継続 目標株価1200円継続

JT(2914) 中立継続 目標株価27万円継続

資生堂(4911) 売り推奨継続 目標株価1300円継続

信越化学工業(4063) 中立継続 目標株価4600円継続

神戸製鋼所(5406) 中立継続 目標株価190円継続

三菱電機(6503) 投資見解保留継続

NEC(6701) 投資見解保留継続

セイコーエプソン(6724) 売り推奨継続 目標株価1100円継続

フジ・メディア・HD(4676) 買い推奨 目標株価159000円継続

ジュピターテレコム(4817) 買い推奨継続 目標株価103000円継

続 コンビクションリスト継続

マツダ(7261) 中立継続 目標株価230円継続

三井住友FG(8316) 買い推奨継続 目標株価5300円継続

京都銀行(8369) 売り推奨継続 目標株価770円継続

三井不動産(8801) 中立継続 目標株価1900円継続

 

 

7/31付 UBS

アマノ (6436) Neutral継続 短期新規Sell 目標株価900円継続

三菱電機 (6503) NeutralBuy 目標株価550円→800

日立工機 (6581) Neutral継続 目標株価800円→870

任天堂 (7974) Buy継続 新規短期Sell 目標株価31000円継続

小田急電鉄 (9007) NeutralSell 目標株価780円継続

富士通 (6702) Neutral継続 目標株価490円→590

日信工業 (7230) Neutral継続 目標株価1200円→1450

マツダ (7261) Buy継続 目標株価300円→310

三井住友FG (8316) Buy継続 目標株価4300円→4800

住友信託銀行 (8403) Neutral継続 目標株価590円→540

アコム (8572) Sell継続 目標株価1900円→1800

信越化学工業 (4063) Buy継続 目標株価5200円継続

フジ・メディア・ホールディングス(4676) Neutral継続 目標株

130000円継続

ジュピターテレコム (4817) Buy継続 目標株価110000円継続

住友金属工業 (5405) Neutral継続 目標株価270円継続

神戸製鋼所 (5406) Neutral継続 目標株価170円継続

DOWAホールディングス (5714) Neutral継続 目標株価410円継続

栗田工業 (6370) Buy継続 目標株価3600円継続

NEC (6701) Neutral継続 目標株価390円継続

セイコーエプソン (6724) Sell継続 目標株価1100円継続

シャープ (6753) Sell継続 目標株価750円継続

ソニー (6758) Neutral継続 目標株価2700円継続

京セラ (6971) Neutral継続 目標株価7600円継続

三井不動産 (8801) Buy継続 目標株価2000円継続

カプコン (9697) Neutral継続 目標株価1900円継続

NTTドコモ (9437) Buy継続 目標株価173000円継続

ソフトバンク (9984) Buy継続 目標株価2400円継続

阪急阪神ホールディングス(9042) Neutral継続 目標株価450円継

ヤマトホールディングス (9064) Neutral継続 目標株価1200円継

日本テレビ放送網 (9404) Neutral継続 目標株価10500円継続

    

 

7/31付 JPモルガン

信越化学工業 (4063) Overweight継続 目標株価5300円→5800

第一三共 (4568) OverweightUnderweight 目標株価2100円→15

00

新光電気工業 (6967) Overweight継続 目標株価1400円→1650

 

 

 

7/31付 三菱UFJ

大東建託(1878) 2継続 目標株価5000円継続

野村不動産ホールディングス(3231) 2継続

トリドール(3397) 2継続 目標株価17.3万円→22万円

イビデン(4062) 3継続

信越化学工業(4063) 3継続

田辺三菱製薬(4508) 2継続 目標株価1200円継続

テルモ(4543) 3継続

住友金属工業(5405) 2継続

神戸製鋼所(5406) 4継続

三菱電機(6503) 3継続

NEC6701) 2継続

富士通(6702) 3継続

シャープ(6753) 2継続

ソニー(6758) 3継続

三洋電機(6764) 4継続

新光電気工業(6967) 4継続

京セラ(6971) 2継続

村田製作所(6981) 4継続

マツダ(7261) 3継続

ニコン(7731) 34

日本写真印刷(7915) 2継続

任天堂(7974) 3継続

丸紅(8002) 2継続 目標株価560円継続

住友商事(8053) 2継続

ソニーフィナンシャルホールディングス(8729) 2継続 目標株

315000円継続

三井不動産(8801) 3継続

NTT ドコモ(9437) 3継続

ソフトバンク(9984) 1継続 目標株価2500

 

スポンサーサイト

ここは安い!!

さっき管理人もここでプリンタを買っちゃいました

某価格比較サイトで最安値で

しかも送料が無料だったので即決で買っちゃいましたよ

Amazon.co.jp 通販 - ファッション、家電から食品まで

ネット通販 - 1500円以上のご注文で国内無料配送。家電、おもちゃ、キッチン用品、ゲーム、PCソフト、洋書、スポーツ・アウトドア用品、時計、ベビー、ファッション、シューズ、食品等1000万点以上の品揃え。

この間パソコンのプリンタが欲しくて

某価格比較サイトで探していたらAmazon.co.jpがけっこう安値上位で顔を出していた

Amazon.co.jpといったら本だけと思っていたんですが・・・失礼

こんなにたくさんの商品をそれも激安で取り扱っているなんて・・・

 

最大90%OFF 家電&カメラ 夏のメガセール 2009年7月16日(木)まで

最大50%OFF 文房具・オフィス用品セール 6/30まで

★最大90%OFF ベビー&マタニティ2周年記念大セール!

.
超お買い得商品が満載
割引率も大きいからちょくちょく利用してます!
.
Amazon.co.jp 一般
DVD
javari
おもちゃ
アパレル&シューズ
キッチン&生活雑貨
ゲーム
コスメ
ジュエリー
スポーツ
ソフトウェア
ヘルス&ビューティー
ベビー&マタニティ
ホビー
 ホーム&キッチン
ミュージック
ロゴ
家電&カメラ
文房具・オフィス用品
時計

本 - クッキング・レシピ
本 - ゲーム攻略本
本 - コミック・アニメ
本 - コンピュータ・インターネット
本 - タレント写真集
本 - ビジネス書
本 - ボーイズラブ
 本 - 文学・評論
本 - 新書・文庫
本 - 楽譜
本 - 美容・ダイエット
本 - 語学 子供向け
本 - 雑誌
本 – 教育・大学受験
本 – 語学 大人向け
洋書
洋書 - アート
洋書 - 絵本
食品&飲料

.

有名ブランド時計が激安
【25%以上】オメガ (OMEGA) 腕時計 スピードマスター、シーマスター、コンステレーションほか
【25%以上】エルメス (HERMES) 腕時計 バレニア、クリッパー、ノマードほか
25%以上】グッチ (GUCCI) 腕時計  シニョリーア、トルナブォーニ、トワールほか
【25%以上】ブルガリ (BVLGARI) 腕時計 ブルガリ・ブルガリ、ディアゴノ、B-ZERO1ほか
【25%以上】フォリフォリ (Folli Follie) レディース・メンズ 腕時計

【25%以上】ロンジン (LONGINES) 腕時計ハイドロコンクェスト、スピリットほか

【25%以上】セクター (SECTOR) 腕時計レディース・メンズ 腕時計
.
上記はほんの一例です
他にも多数品揃え、割引があります!

◇東証大引け、3日続伸し約10カ月ぶりの高値水準 TOPIX11連騰
 31日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。大引けは前日比191円62銭(1.89%)高の1万356円83銭と、連日で年初来高値を更新した。昨年10月6日(1万473円9銭)以来、約10カ月ぶりの高値水準。主要企業による4~6月期決算の発表がヤマ場を迎え、決算内容を見て業績の底入れを確認した銘柄へ買いが膨らみ、相場全体を押し上げた。東証株価指数(TOPIX)は1990年4月27日~5月16日以来、19年3カ月ぶりの11連騰。大引けは13.32高の950.26と、6月12日に付けた年初来高値(950.54)に接近した。
 前日の米株高も追い風になった。前日のシカゴ市場の日経平均先物が大きく上昇した流れを引き継ぎ、朝方から先物主導で買いが先行。米企業業績の底入れ観測を映し、前日に決算発表したソニーのほか、トヨタやキヤノンなど輸出関連の主力銘柄も買われた。ただ、上値ではいったん利益を確定するための売りもみられ、決算内容を好感して朝方に買われたソフトバンクや三菱電など下げに転じる銘柄もあった。
 東証1部の売買代金は概算で1兆7434億円と、6月23日(1兆8537億円)以来の高水準。同売買高も23億9424万株と24日(25億9410万株)以来の多さだった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の57%に相当する966、値下がりは同34%の578、変わらずは144だった。
 みずほFG、三井住友FG、三菱UFJの3メガバンクが商いを伴って上昇。三井不や菱地所、野村不HDが買われ、業種別TOPIXでは「不動産業」が上昇率で首位だった。三菱商、三井物も高く、野村、大和も上昇。一方、前日まで12連騰した東芝が反落。GSユアサ、日産自、住金が安く、第一三共、NTTドコモも売られた。
 東証2部株価指数は反発。大幸薬品、大研医器、日精機が上昇。半面、ラオックス、オーベクス、早稲アカが下げた。〔NQN〕

 

225オプション・コール(期近・7月31日・権利行使価格1万500円)

(売参加者・上位10社)
 ニューエッジ -1318
 モルガンS  -1010
 ソシエテ    -635
 UBS     -575
 松 井     -404
 野 村     -390
 メリルリンチ  -343
 廣 田     -203
 ドイツ     -200
 SBIS    -123
 
(買参加者・上位10社)
 ニューエッジ +1421
 ソシエテ    +807
 UBS     +741
 松 井     +565
 ヒマワリ    +315
 廣 田     +313
 SBIS    +290
 ゴールド    +250
 トレイダーズ  +160
 カブコム    +158 
 

225オプション・プット(期近・7月31日・権利行使価格1万円)

(売参加者・上位10社)
 ニューエッジ -1594
 ソシエテ    -551
 フェニックス  -547
 松 井     -410
 UBS     -405
 ヒマワリ    -351
 廣 田     -269
 トレイダーズ  -204
 メリルリンチ  -189
 SBIS    -184
 
(買参加者・上位10社)
 ヒマワリ   +1406
 ニューエッジ  +877
 ソシエテ    +563
 フェニックス  +537
 ゴールド    +425
 メリルリンチ  +348
 松 井     +346
 UBS     +291
 SBIS    +171
 廣 田     +132
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-07-31 16:04)


(売参加者・上位10社)
 ニューエッジ  -11888
 UBS     -11286
 JPモル     -4545
 ドイツ      -4205
 ゴールド     -3798
 クレディ・スイ  -2468
 モルガンS    -2396
 SBIS     -2228
 松 井      -2165
 大和SM     -1899
 
(買参加者・上位10社)
 ニューエッジ  +13194
 UBS     +10992
 JPモル     +5984
 ドイツ      +4279
 ゴールド     +2746
 モルガンS    +2640
 SBIS     +2178
 松 井      +2133
 大和SM     +2085
 安 藤      +1943
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-07-31 16:04)

 

国土交通省が31日午後2時に発表した6月の新設住宅着工戸数は、前年同月比32.4%減、季節調整済み年率換算値は74万9000戸となった。7カ月連続の前年同月比マイナスとなると同時に、季節調整済み換算値も6カ月連続で100万戸台を割り込んだ。
 市場予想の中心値は、前年同月比31.0%減、季節調整済み年率換算は76万戸だった。
 内訳は、持家が前年同月比10.5%減の2万6494戸と9カ月連続の減少。貸家は同38.4%減の2万7920戸と7カ月連続の減少。分譲住宅は同50.0%減の1万2604戸と7カ月連続の減少となった。
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-07-31 14:20)

 

[ニューヨーク 30日 ロイター] 米生保最大手のメットライフ<MET.N>が30日発表した第2・四半期決算は、デリバティブ関連の損失が響いて最終損益が14億ドルの赤字となった。
 1株当たりでは1.74ドルの赤字。前年同期は9億1500万ドル(1株当たり1.26ドル)の黒字だった。
 18億ドルのデリバティブ関連損失が響いた。これを除いた営業損益は7億2300万ドル(同0.88ドル)の黒字。前年同期は8億8700万ドル(同1.22ドル)の黒字だった。
 ロイター・エスティメーツによるアナリストの営業利益予想は1株当たり0.68ドルだった。
 

[先物OP市場ウォッチ]
*10:37JST 225オプション、立会外でコールサイドに大口クロス

225オプションでは、立会外でコールサイドに大口のクロスが観測された。《YU》----
10500円C(9月)265円1000枚
11500円C(9月)40円2000枚
-----

 

[ロサンゼルス 30日 ロイター] 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>が30日発表した第3・四半期(4―6月)決算は、前年比26%の減益となった。世界的な経済危機で、メディアネットワーク事業とテーマパーク事業の営業利益が落ち込んだことが響いた。
 利益は市場予想と一致したものの、売上高が予想を下回り、同社株は時間外取引で3.5%下落した。
 純利益は9億5400万ドル(1株当たり0.51ドル)。前年同期は13億ドル(同0.66ドル)だった。
 売上高は85億9000万ドルと、前年同期の92億4000万ドルから7%減少し、ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの予想平均88億4000万ドルを下回った。
 同社株は30日の米株市場通常取引を26.22ドルで終了した後、時間外取引で25.30ドルに下落した。同社株は4―6月期に31%上昇していた。
 

 

[東京 31日 ロイター] 総務省が31日発表した労働力調査によると、6月の完全失業率(季節調整値)は5.4%となり、前月比で0.2%ポイント悪化した。2003年6月と並ぶ高水準。前月に続き就業者数や雇用者数が過去最大の減少幅を記録する一方、完全失業者が過去最大の増加幅となるなど、雇用情勢の急速な悪化が継続していることを印象づける内容となっている。
 
 完全失業率を男女別でみると、男性が前月比0.3%ポイント悪化の5.7%、女性は同0.1%ポイント悪化の5.0%だった。
 完全失業率は、労働力人口(就業者と完全失業者の合計)に占める完全失業者の割合。ロイターが民間調査機関に行った事前調査では5.3%が予測中央値だった。
 
 就業者数は前年比151万人減の6300万人。17カ月連続で減少し、減少幅は過去最大だった。業種別では、金属製品や電機機械など製造業を中心に厳しい状況だという。
 雇用者数も前年比110万人減と過去最大の減少幅を記録し、中でも男性は79万人減と厳しい。規模別では従業者30─499人規模の企業で前年比69万人減と過去最大の減少幅を記録し、中小規模で厳しさが続いているという。
 一方、完全失業者数は前年比83万人増の348万人となり、8カ月連続で増加した。増加幅は前月の77万人増を上回り、過去最大となった。続柄別では、世帯主が24万人増と1998年4月の23万人増を上回り、過去最大の増加幅を記録した。
 求職理由別では「勤め先の都合」が前年比62万人増の121万人となり、この項目が遡及(そきゅう)可能な2003年1月以降で最大の増加幅となった。一方、「自己都合」は前年比4万人減の97万人となり、今年2月以来の減少となった。
 総務省では失業者数について、勤め先の都合によるものや世帯主に関連する人の増加幅が拡大しているとし、「雇用情勢は悪化の状況が続いている」と総括した。
  
 *総務省の発表資料は以下のURLでご覧になれます。
 http://www.stat.go.jp/data/roudou/index.htm
 
  (ロイター日本語ニュース 武田晃子記者)

 

【設定日、ファンド名/運用会社、ファンド概要、*印は追加分】
 
 5日  野村日本真小型株投信
    /野村アセットマネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:700億円
    分類   :追加型/国内/株式
    手数料  :3.675%(税込み)以内
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.68%(税込み)
    販売会社 :野村証券
 
 7日 中国株オープン 
    /国際投信投資顧問
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:200億円
    分類   :追加型/海外/株式
    手数料  :3.15%(税込み)を上限に販売会社が決める
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.7850%(税込み)
    販売会社 :三菱UFJ証券
 
 7日 楽天グローバル・バランス(安定型)
    楽天グローバル・バランス(成長型)
    楽天グローバル・バランス(積極型)
    /楽天投信投資顧問
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:各500億円
    分類   :追加型/内外/資産複合
    手数料  :上限3.15%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.1865%(税込み)他
    販売会社 :楽天証券
 
 7日 財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)資産成長型
    /日興アセットマネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:100万円(自己設定)
    分類   :追加型/内外/資産複合
    手数料  :上限3.15%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率0.9975%(税込み)ほか
    販売会社 :日興アセットマネジメント
 
11日 スター・ハイイールド債券ファンド2009─08 
    /フォルティス・アセットマネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:100億円
    分類   :単位型/国内/債券
    手数料  :2.1%(税込み)を上限に販売会社が決める
    信託報酬 :信託財産の残存元本総額に対し年率0.63%(税込み)
    販売会社 :東京スター銀行<8384.T>
 
11日 高金利通貨投信(愛称:高金利太郎)  
    /21世紀アセットマネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:300億円
    分類   :追加型/海外/債券
    手数料  :3.15%(税込み)を上限に販売会社が決める
    信託報酬 :純資産総額50億円未満分:純資産総額に対し年率1.525%(税込み)
          純資産総額50億円以上分:純資産総額に対し年率1.5%(税込み)
    販売会社 :キャピタル・パートナーズ証券
 
14日 香港ハンセン指数ファンド
    /三井住友アセットマネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:300億円
    分類   :追加型/海外/株式/インデックス型
    手数料  :上限3.15%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率0.819%(税込み)
    販売会社 :東洋証券<8614.T>、楽天証券
 
14日 シュローダー・中国インド関連・先進国株投信(中国インド関連株投信)
    シュローダー・中国インド関連・先進国株投信マネープール・ファンド
    (中国インド関連株マネー)
    /シュローダー証券投信投資顧問
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:・中国インド関連・先進国株投信:1200億円
          ・マネープール・ファンド:1000万円(自己設定)
    分類   :・中国インド関連・先進国株投信:追加型/内外/株式
          ・マネープール・ファンド:追加型/国内/債券
    手数料  :・中国インド関連・先進国株投信:3.675%(税込み)を
           上限に販売会社が決める
          ・マネープール・ファンドへのスイッチングは無手数料
    信託報酬 :・中国インド関連・先進国株投信:純資産総額に対し
           年率1.7325%(税込み)
          ・同マネープール・ファンド:純資産総額に対し
           年率0.5775%(税込み)以内
    販売会社 :野村証券
 
14日 日興DWSエマージング・ニューディール・ファンド
    /ドイチェ・アセット・マネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:1000億円
    分類   :追加型/海外/株式
    手数料  :上限3.675%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.4490%(税込み)他
    販売会社 :日興コーディアル証券
 
14日*新興国債券ファンド(毎月決算型)
    /大和証券投資信託委託
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:1億円(自己設定)
    分類   :追加型/海外/債券
    手数料  :上限3.15%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.407%(税込み)
    販売会社 :日の出証券
 
21日 グローバル金融株式ファンド(限定追加型)
    /新光投信
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:500億円
    分類   :追加型/内外/株式/インデックス型/特殊型(条件付運用型)
    手数料  :上限3.15%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.4175%(税込み)
    販売会社 :東海東京証券、浜銀TT証券、ワイエム証券、宇都宮証券
 
26日 ダイワ/ブラックロック グリーン・ニューエネルギー・ファンド   
    /大和証券投資信託委託
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:1050億円
    分類   :追加型/内外/株式
    手数料  :上限3.15%(税込み)
    信託報酬 :純資産総額に対し年率1.7745%(税込み)
    販売会社 :大和証券
 
28日 条件付運用型ファンド(日経平均参照)09─08<愛称:スマイルスリー> 
    /岡三アセットマネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:100億円
    分類   :単位型/国内/株式/特殊型(条件付運用型)
    手数料  :1口(=1万円)当たり210円(税込み)
    信託報酬 :第1─2期:元本総額に対し年率0.84%(税込み)
          第3─6期:元本総額に対し年率0.3675%(税込み)
    販売会社 :常陽銀行
 
28日 農産物指数ファンド 
    /新生インベストメント・マネジメント
    ────────────────────────────────────
    設定上限額:500億円
    分類   :追加型/内外/その他資産(商品先物)
    手数料  :3.675%(税込み)を上限に販売会社が決める
    信託報酬 :純資産総額に対し年率0.9975%(税込み)
          ほかに投資先ファンドの運用報酬(年率0.6%)
    販売会社 :楽天証券
 
 (東京 ロイター)

 

 

[先物OP市場データ]
*07:37JST 先物OP手口コメント:7月31日

----
07月30日
先物(差引き上位5社)  売り         買い
日経225   9月限   野村           -1520     クレディS  +857
                     立花            -904     日興シティ  +841
                     みずほ          -857     ソシエテ    +809
                     UBS          -449     ドイツ      +484
                     NエッジJ      -384     大和SMBC    +453

            12月限   三菱UFJ       -20     UBS       +26
                     楽天             -15     NエッジJ   +24
                     松井              -8     廣田          +9
                     岡安              -7     モルガンS    +4
                     マネックス        -7     光世          +4

TOPIX   9月限   パリバ          -697     大和SMBC    +970
                     GS            -610     メリル      +609
                     廣田            -327     野村        +541
                     バークレイズ    -320     モルガンS  +160
                     ドイツ          -292     三菱UFJ  +114

            12月限   -                        -

 


                     ※イブニング、スプレッド、立会外は含まない


OP(差引き上位3社)     売り                   買い
      9750 PUT 8月    モルガンS      -200     メリル      +292
                      日興コ          -154     ソシエテ    +156
                      東洋            -118     みずほ      +151

     10000 PUT 8月    JPモルガン    -165     NエッジJ  +330
                      みずほ          -100     メリル       +81
                      GS             -70     岡三         +51

     10250 PUT 8月    カブドット       -53     NエッジJ  +159
                      松井             -52     UBS       +40
                      ソシエテ         -99     JPモルガン +10

     10250 CALL 8月   NエッジJ      -331     日興コ      +270
                      ひまわり         -89     UBS      +270
                      三菱UFJ       -85     野村        +125

     10500 CALL 8月   NエッジJ      -373     野村        +500
                      UBS          -166     メリル      +140
                      ソシエテ        -140     コスモ      +104

     10750 CALL 8月   NエッジJ      -489     UBS      +655
                     日興コ          -155     メリル      +276
                     松井            -150     そしあす    +161
-----
先物OP手口コメント:7月30日
 指数は続伸。朝方に発表になった鉱工業生産が予想通りの改善を示したことで、買い安心感を誘い上昇して始まったものの、直近高値(10190円)を上抜けなかったことで利益確定売りなどが上値を押さえた。しかし、売り圧力も限定的で大引け間際にはショートカバーと見られる買いが断続的に入り、中心限月ベースで年初来高値を更新して取引を終えた。

 日経225先物の手口では、買いはクレディスイス、ソシエテ、ドイツなどの欧州系が上位を占め、売り方は野村、みずほなどの国内系が目立っていた。日中は短期売買が多いなかでも、ここ最近に見られる国内売り、外国勢の買いの構図は不変である。また、昨日ほどではないが、オプションの立会い外で大口クロスが行われたことから、それに伴うデルタヘッジもあったようだ。TOPIX先物では大和SMBC、メリル、野村の買いに対しパリバ、GS売りとなっている。本日の引けで行われたTOPIXリバランス(浮動株比率)に伴う売買や、一部ではNTショートなどの動きもあったと推測する。

 オプションのインプライドボラ(ATMからアウト5行使価格の平均)は若干の上昇。日中の売買は少なく、ATMに近いところでも出来高は5000枚程度となった。ただ、建て玉数は立会い外で大口クロスが見られたこともあり大きく増加している。手口ではニューエッジがコール売り、プット買いが散見された。(合成デルタは推計でマイナス約400枚)他では10500円コールで野村が500枚の買いが目立つ程度となっている。

 

◇米国株反発、ダウ83ドル高、昨年11月以来の高値更新、GE大幅高
【NQNニューヨーク=横内理恵】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発。前日比83ドル74セント高の9154ドル46セントと昨年11月4日以来の高値で終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、同16.54ポイント高の1984.30と昨年10月1日以来の高値となった。決算が市場予想を上回った銘柄などに買いが入ったほか、投資判断引き上げを受けてゼネラル・エレクトリック(GE)が大幅高となった。
 個別株に好材料が相次いだ。4~6月期の特別項目を除く1株損失が市場予想に比べて小さかった通信機器大手のモトローラが大幅高。1株損益が黒字となった化学大手ダウ・ケミカルも大きく上げた。モトローラやダウにつれるかたちで、ハイテク株、素材株などに買いが入った。金融部門GEキャピタルの分離に対する懸念が後退したとして、ゴールドマン・サックスのアナリストが投資判断を「買い」に引き上げたGEも7%近く上げた。
 前日まで小幅ながら2日続落しており、相場上昇への過熱感がやや後退。一方で前日、前々日の下げ幅が小さかったことで、下値の堅さが意識されたことも買いを誘った。ダウ平均は175ドル高まで上げ幅を広げる場面があり、ナスダック指数は一時、2000を上回った。
 引けにかけては利益確定売りが出て伸び悩んだ。あす31日に4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値の発表を控え、様子見ムードが強まったとの見方があった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約13億5千万株(速報)。ナスダック市場は約24億7千万株(同)。業種別S&P500種株価指数では、「素材」を筆頭に全10業種が上昇した。
 決算が市場予想を上回ったクレジットカード大手マスター・カードが上昇。前日夕発表の決算で1株利益が市場予想を上回った同業のビザも高い。東京市場の大引け後に4~6月期の連結決算(米国会計基準)を発表したソニーの米預託証券(ADR)も大幅高。
 一方、決算で1株利益が市場予想を下回った石油大手エクソンモービルが下落。1株当たり営業利益が市場予想を下回った保険大手トラベラーズも安い。

 

[先物OP市場データ]
*07:24JST 225オプション:7月31日

----
○225オプション(期近09年8月限)

行使価格  終値 前日比  売買高  建玉残 前日比  IV  デルタ

11750C        1       0       136    3877      49    26.92   0.0043
11500C        2       0      1013    6618     -66    25.38   0.0089
11250C        6       2      1166    8266     588    25.22   0.0254
11000C       17       5      4822   20678    -694    25.31   0.0657
10750C       35       5      4814   11985     510    23.89   0.1300
10500C       90      20      5201   18978    1177    25.12   0.2720
10250C      190      40      4325   11958      61    26.82   0.4515

10250P      225     -50      1187    1647     300    21.24   -0.5662
10000P      130     -30      3380    9997     846    24.11   -0.3580
9750P        60     -25      3554   10748     271    24.60   -0.1934
9500P        35     -10      5209   17035    1184    27.98   -0.1102
9250P        16      -9      4164   19269    -177    29.38   -0.0529
9000P         8      -5      5597   17065     836    31.55   -0.0263
8750P         4      -2      2202   14830    -361    33.73   -0.0129


○225オプション(期先09年9月限)

行使価格  終値 前日比  売買高  建玉残 前日比  IV  デルタ

11750C       25      6       674     2292     192    26.47   0.0614
11500C       35      5       278    14652     117    25.31   0.0853
11250C       60     15       512     8619    4149    25.49   0.1338
11000C      100     20      1361    32345     357    25.84   0.2008
10750C      145     20       661     7761      73    25.10   0.2744
10500C      235     40       658    17946      97    26.34   0.3795
10250C      345     50       593     8488    1201    27.11   0.4855

10250P      385    -45       183     1359      18    24.36   -0.5202
10000P      275    -40       468     8253    1222    25.36   -0.4058
9750P       205    -20       391     5763     112    27.49   -0.3102
9500P       135    -20       871    13434     747    27.92   -0.2236
9250P        95    -15       511     7692     165    29.52   -0.1617
9000P        65    -15       581    25820      51    30.92   -0.1139
8750P        45    -10       777     6831     318    32.50   -0.0800


○総売買高  
 コール   前日比 プット  前日比   P/C   P/C(5MA)  P/C(20MA)
  61358   -14525   67781   -12008   1.10    1.07      1.23

○総建玉  
 コール  前日比 プット  前日比  P/C    P/C(5MA)  P/C(20MA)
 767820   +15703  881706   +15885   1.15    1.14      1.13
-----

 

[ニューヨーク 30日 ロイター] 米通信機器大手モトローラ<MOT.N>が30日発表した第2・四半期決算は携帯電話の出荷台数が市場予想を上回る中、利益が2600万ドル(1株当たり0.01ドル)となった。
 前年同期は400万ドルの利益、1株当たりでは損益均衡だった。
 一時的項目を除くベースでの1株損益は0.01ドルの損失。ロイター・エスティメーツが集計したアナリスト予想は0.04ドルの損失だった。
 売上高は32%減の55億ドル。アナリスト予想は56億ドルだった。
 携帯電話の出荷台数は1480万台。前年同期の2800万台から減少したものの、アナリスト5人の予想平均1410万台を上回った。
 調査機関ストラテジー・アナリティックスによると、第2・四半期の市場シェアは5.4%。2006年は20%だった。
 通年のコスト削減目標を従来の17億ドルから18億ドルに引き上げた。上期の人員削減数は8000人だった。
 第3・四半期については、特別項目を除く営業事業ベースでの損益が、0.01ドルの損失から0.01ドルの利益のレンジになるとの見通しを示した。
 株価は9%超高で引けた。
 

 

 

[ヒューストン 30日 ロイター] 米石油大手エクソンモービル<XOM.N>が30日発表した第2・四半期決算は66%の減益となった。天然ガスと原油価格が前年同期比で下落したほか、世界的な景気後退を背景にした燃料需要の減退が響き、市場予想を下回った。
 純利益は39億5000万ドル(1株当たり0.81ドル)。前年同期は116億8000万ドル(同2.22ドル)だった。
 一時的な項目を除いた利益は40億9000万ドル(同0.84ドル)。ロイター・エスティメーツが集計したアナリスト予想平均は1株利益1.02ドルだった。
 売上高は46%減の744億6000万ドル。生産は前年同期比で3%減少した。
 

 

[ニューヨーク 30日 ロイター] 米マスターカード<MA.N>が30日発表した第2・四半期決算は手数料引き上げやコスト削減が奏功し、黒字に転換した。
 純利益は3億4900万ドル(1株当たり2.67ドル)。前年同期は7億4700万ドル(同5.70ドル)の損失だった。
 特別項目を除くベースでの損益は1株当たり2.67ドルの利益。ロイター・エスティメーツが集計したアナリスト予想平均の1株利益2.43ドルを上回った。
 純収入は2.7%増の13億ドル。手数料収入引き上げのほか、クレジットカード利用増加に押し上げられた。ただ、ドル高が一部圧迫した。
 特別項目を除くベースで費用は13%減の7億2200万ドル。人事・総務関連費用のほか、広告・マーケティング費を36%削減した。
 株価は一時7.5%超上昇した。
 
[ロンドン 30日 ロイター] 欧州株式市場は続伸し、およそ9カ月ぶりの高値で引けた。明るい内容の企業決算や経済指標を受けて市場心理が改善した。
 FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は19.95ポイント(2.19%)高の930.62。終値ベースで2008年11月上旬以来の高水準となった。
 DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は54.43ポイント(2.09%)高の2654.74。
 金融株の上昇が目立った。BNPパリバ<BNPP.PA>、ソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>、ナティクシス<CNAT.PA>などが上昇した。
 ウニクレディト・リサーチの株式ストラテジスト、タモ・グリートフェルド氏は「決算発表から見ると、企業の状況分析はほとんどの場合、最悪期は終わり下期の見通しは改善しているとの見方であることは明らかだ」と述べた。
 好決算を背景に通信株が買われた。スペインのテレフォニカ<TEF.MC>が国内事業で安定の兆しが見られると発表したほか、フランステレコム<FTE.PA>は利益見通しを据え置いた。英BTグループ<BT.L>の決算は予想を上回った。
 テレフォニカ、フランステレコム、BTグループは2―12.6%上昇した。
 堅調な金属価格を背景に鉱山株も高い。BHPビリトン<BLT.L>、アングロ・アメリカン<AAL.L>、アントファガスタ<ANTO.L>、リオ・ティント<RIO.L>、エクストラータ<XTA.L>、ユーラシアン・ナチュラル・リソーシズ<ENRC.L>が4.5―8.3%値を上げた。
 米労働省が発表した新規失業保険週間申請件数(7月25日終了週)は市場予想を若干上回った。ただ7月18日終了週の受給総数が3週連続で減少し3カ月ぶりの低水準となったことから経済の安定化に伴って解雇ペースが減速していることが示唆され、相場を支援した。
 
[ワシントン 30日 ロイター] 米労働省が発表した新規失業保険週間申請件数(
7月25日終了週)は、前週比2万5000件増の58万4000件と、市場予想の57
万件を若干上回った。
 ただ、4週間移動平均ベースの申請件数は前週から8250件減少し55万9000件
と、1月下旬以降の水準となった。減少は5週連続。
 労働省当局者によると、申請件数のトレンドは、自動車工場閉鎖に絡み今月発生してい
たデータのゆがみがなかった場合に想定される水準に戻った。
 7月18日終了週の受給総数は5万4000件減の619万7000件と3週連続で減
少。4月上旬以来の水準となった。
 受給者比率は4.7%で変わらずだった。
 RBCキャピタルのシニア通貨ストラテジスト、マシュー・ストラウス氏は「申請件数
は予想を幾分上回って増加したが、受給総数が減少しつつあることは米経済の先行きにと
って明るい兆候だ」と述べた。
 
 詳細は以下の通り。
 
(失業保険・Rは修正値)
 日付までの週  申請件数  4週間移動平均   受給総数    受給者比率(%)
    07/25/09       584,000       559,000        Unavailable     Unavailable  
    07/18/09       559,000-R     567,250-R      6,197,000           4.7  
    07/11/09       524,000       585,000        6,251,000-R         4.7  
    07/04/09       569,000       607,000        6,313,000           4.7  
    06/27/09       617,000       616,000        6,904,000           5.2  
    06/20/09       630,000       618,000        6,724,000           5.0  
    06/13/09       612,000       616,750        6,755,000           5.1  
    06/06/09       605,000       622,750        6,714,000           5.0  
 
エコノミスト予想
  申請件数: 570,000
  受給総数: 6.30 mln
 

7/29付 立花証券

中外薬(4519) 強気

JFE(5411) やや強気

 

7/30付 野村証券

ホンダ (7267) 21

ウシオ電機 (6925) 21 目標株価2063

東芝 (6502) 1継続 目標株価560

ファナック(6954) 1継続

協和発酵キリン (4151) 1継続 目標株価1500

新日本製鐵(5401) 1継続

日新製鋼(5407) 1継続

スタンレー電気(6923) 1継続

小糸製作所(7276) 2継続

日産自動車(7201) 2継続 目標株価650

村田製作所 (6981) 2継続 目標株価3780円→4400

NECエレクトロニクス (6723) 3継続

アドバンテスト (6857) 3継続

    

7/30付 UBS

ホンダ(7267) Buy継続 目標株価3500円継続

東芝(6502) Buy継続 目標株価600円継続

日産自動車(7201) Neutral継続 目標株価530円継続

新日本製鐵(5401) Neutral継続 目標株価370円継続

NECエレクトロニクス(6723) Neutral継続 目標株価1000円→1100

小糸製作所(7276) Buy継続 目標株価1400円→1500

ジェイテクト(6473) Neutral継続 目標株価600円→1000

日産化学工業(4021) Buy継続 目標株価1200円→1450

エクセディ(7278) Buy継続 目標株価2050円→2500

アドバンテスト(6857) Neutral継続 目標株価1800円継続

西日本旅客鉄道(9021) Neutral継続 目標株価300000円継続

東海旅客鉄道(9022) Neutral継続 目標株価650000円継続

住友金属鉱山(5713) Neutral継続 目標株価1400円継続

村田製作所(6981) Buy継続 目標株価5000円→6000

日本航空電子工業(6807) Buy継続 目標株価650円→750

住友電気工業(5802) Neutral継続 目標株価1260円継続

日新製鋼(5407) Neutral継続 目標株価220円継続

 

7/30付 ドイツ証券

大和ハウス工業(1925) Buy継続 目標株価1080円継続

帝人(3401) Buy継続 目標株価360円継続

日本カーボン(5302) Hold継続 目標株価230円継続

東芝(6502) Buy継続 目標株価500円継続

NECエレクトロニクス(6723) Hold継続 目標株価750円継続

アドバンテスト(6857) Sell継続 目標株価825円継続

村田製作所(6981) Sell継続 目標株価4000円継続

JR西日本(9021) Hold継続 目標株価362000円継続

JR東海(9022) Hold継続 目標株価697000円継続

九州電力(9508) Hold継続 目標株価2340円継続

 

7/30付 いちよし証券

ソネット・エムスリー(2413) 1-A-MR継続 妥当株価651000

ディー・エヌ・エー(2432) 1-A-HR1-B-HR 妥当株価376000

セルシス(3829) 新規1-A-HR 妥当株価368000

栄研化学(4549) 3-A-MR継続 妥当株価1100

キヤノンマシナリー(6344) 1-A-MR継続 妥当株価1470

アクセル(6730) 2-A-HR継続 妥当株価5100

ザインエレクトロニクス(6769) 1-A-HR継続 妥当株価340000

三社電機製作所(6882) NR

新神戸電機(6934) NR

エフ・シー・シー(7296) 1-B-MR継続 妥当株価1700

SHOEI(7839) NR

ニフコ(7988) 1-A-MR継続 妥当株価2000

トッキ(9813) NR

 

7/30付 モルガンスタンレー

東洋水産(2875) 新規Overweight 目標株価2500

富士通(6702) 新規Overweight 目標株価750

任天堂(7974) Overweight継続 目標株価38000円→40000

住友不動産(8830) Overweight継続 目標株価1160円→1650

スタンレー(6923) Equal-weight継続 目標株価1750円→2000

小糸製作所(7276) Overweight継続 目標株価1250円→1400

協和発酵キリン(4151) Equal-weight継続 目標株価900円→950

新日本製鐵(5401) Overweight継続 目標株価480円継続

日新製鋼(5407) Equal-weight継続 目標株価130円継続

住友金属鉱山(5713)  Equal-weight継続 1100円継続

住友電(5802) Overweight継続 目標株価1200円継続

東芝(6502) Equal-weight継続 目標株価280円継続

NECエレ(6723) Underweight継続 目標株価800円継続

アドバンテスト(6857) Underweight継続 目標株価1200円継続

日産自動車(7201) Overweight継続 目標株価640円継続

ホンダ(7267) Overweight継続 目標株価3200円継続

エクセディ(7278) Equal-weight継続 目標株価2050円継続

野村HD(8604) Overweight継続 目標株価970円継続

 

7/30付 クレディースイス

コナミ(9766) 新規OUTPERFORM-V 目標株価2200

カプコン(9697) 新規OUTPERFORM-V 目標株価2200

セガサミーホールディングス(6460) 新規UNDERPERFORM-V 目標株

900

SANKYO(6417) 新規NEUTRAL 目標株価5100

スクウェア・エニックス(9684) 新規NEUTRAL 目標株価1900

バンダイナムコホールディングス(7832) 新規NEUTRAL 目標株価1

100

野村ホールディングス(8604) OUTPERFORM-V継続 目標株価860

920

協和発酵キリン(4151) UNDERPERFORM継続 目標株価750円継続

日立建機(6305) NEUTRAL-V継続 目標株価1550円→1600

コメリ(8218) NEUTRAL継続 目標株価1700円→2220

損害保険ジャパン(8755) NEUTRAL-V継続 目標株価680円継続

ファナック(6954) NEUTRAL継続 目標株価7800円継続

住友電気工業(5802) OUTPERFORM継続 目標株価1500円継続

新日鉄ソリューションズ (2327) UNDERPERFORM継続 目標株価117

0円継続

アルファシステムズ (4719) OUTPERFORM-V継続 目標株価2280

継続

住商情報システム (9719) OUTPERFORM継続 目標株価1800円継続

住生活グループ (5938) NEUTRAL継続 目標株価1150円継続

松井証券 (8628) OUTPERFORM-V継続 目標株価950円継続

村田製作所 (6981) UNDERPERFORM継続 目標株価3600円継続

西日本旅客鉄道 (9021) OUTPERFORM継続 目標株価420000円継続

東海旅客鉄道 (9022) OUTPERFORM継続 目標株価730000円継続

東芝 (6502) NEUTRAL-V継続 目標株価290円継続

アドバンテスト (6857) NEUTRAL-V継続 目標株価2000円継続

    

 

7/30付 大和証券

ヤクルト本社 (2267) 32 目標株価2200

ダイセル化学工業 (4202) 新規2 目標株価670

 

7/30付 日興CG

グリー (3632) 2S継続 目標株価6400円→8400

協和発酵キリン (4151) 2M継続 目標株価1050円→1100

JSR (4185) 1M継続 目標株価1900円→2000

電通 (4324) 3M継続 目標株価1500

ヤフー (4689) 1H継続 目標株価42000

新日本石油 (5001) 1H継続 目標株価700

新日本製鐵 (5401) 1M継続 目標株価450

日新製鋼 (5407) 2H継続 目標株価260

大同特殊鋼 (5471) 2H継続 目標株価300円→420

住友金属鉱山 (5713) 2H継続 目標株価1250

日立電線 (5812) 2H継続 目標株価200円→320

日産自動車 (7201) 1M継続 目標株価720

ホンダ (7267) 2M継続 目標株価2940

キヤノン (7751) 1M継続 目標株価3600

西日本旅客鉄道 (9021) 2M継続 目標株価35万円

東海旅客鉄道 (9022) 1M継続 目標株価74万円

 

7/30付 三菱UFJ

新日本石油(5001) 3継続

新日本製鐵(5401) 2継続 目標株価450円継続

住友金属鉱山(5713) 3継続 妥当株価1300円継続

住友電気工業(5802) 2継続

住生活グループ(5938) 3継続 妥当株価1400

東芝(6502) 3継続

山洋電気(6516) 32 目標株価NA500

NEC エレクトロニクス(6723) 3継続

パナソニック(6752) 3継続

アドバンテスト(6857) 3継続 妥当株価1780円→1900

ファナック(6954) 2継続 目標株価9600円継続

村田製作所(6981) 4継続

日産自動車(7201) 3継続 妥当株価620

ホンダ(7267) 2継続 目標株価2960円継続

小糸製作所(7276) 2継続 目標株価1400円→1650

損害保険ジャパン(8755) 3継続

ゴールドクレスト(8871) 3継続

 

    

7/30付 ゴールドマンサックス

野村HD(8604) 中立→買い 目標株価790円→910

ファナック(6954) 中立継続 目標株価7700円→7800

日産化学(4021) 買い推奨継続 目標株価1200円→1400

新日鉄ソリューションズ(2327) 中立継続 目標株価1500円→1550

東芝(6502) 売り推奨継続 目標株価290円→330

村田製作所(6981) 売り推奨継続 目標株価3400円→3600

日産自動車(7201) 中立継続 目標株価550円→700

ホンダ(7267) 買い継続 目標株価3100円→3300

ケーズホールディングス(8282) 買い継続 目標株価2500円→2900

日本航空電子工業(6807) 中立継続 目標株価520円継続

アドバンテスト(6857) 売り推奨継続 目標株価1500円継続

京セラ(6971) 中立継続 目標株価7200円継続

コカ・コーラウエスト(2579) 中立継続 目標株価1400円継続

新日本製鐵(5401) 中立継続 目標株価410円継続

日立(6501) 投資見解保留継続

 

7/29付 コスモ証券

大阪チタ(5726) B継続

日立化(4217) B+→A

ヤクルト(2267) 新規B

JFE(5411) 新規B+

日立建機(6305) NR

 

7/30付 メリルリンチ

新日本製鐵(5401) 買い継続 目標株価400円→420

東芝(6502) アンダーパフォーム継続 目標株価250円→290

JT(2914) 買い継続 新規ジャパンフォーカスリスト

野義製薬(4507) 買い継続 ジャパンフォーカスリスト除外

NECエレ(6723) アンダーパフォーム継続 目標株価650

信越化学工業(4063) 中立継続 目標株価5200円継続

日新鋼(5407) アンダーパフォーム継続 目標株価190円継続

アドバンテスト(6857) アンダーパフォーム継続 目標株価1500

継続

田製作所(6981) アンダーパフォーム継続 目標株価3300円継続

野村HD(8604) 買い継続 目標株価1090円継続

住友金属鉱山(5713) 買い継続 目標株価1700円継続

住生活G(5938) 買い継続 目標株価1650円継続

日本航空電子工業(6807) アンダーパフォーム継続 目標株価400

円継続

ファナック (6954) アンダーパフォーム継続 目標株価5800円継

日産自動車(7201) アンダーパフォーム継続 目標株価350円継続

ホンダ(7267) アンダーパフォーム継続 目標株価2250円継続

JR西日本(9021) 買い継続 目標株価358千円継続

JR東海(9022) 買い継続 目標株価68万円継続

九州電力(9508) 中立継続 目標株価2150円継続

 

7/30付 立花証券

スターマイカ(3230) やや強気

日立化(4217) 強気

コマツ(6301) やや強気

ピジョン(7956) 強気

 

 

◇東証大引け、約10カ月ぶり高値 回復期待で自動車や電機が上昇
 30日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。大引けは前日比51円97銭(0.5%)高の1万165円21銭と6月12日以来、1カ月半ぶりに年初来高値を更新。2008年10月6日(1万473円09銭)以来ほぼ10カ月ぶりの水準に上昇した。ホンダが前日に2010年3月期の業績予想を上方修正するなど、主要企業の一部で収益の持ち直しを示す材料が相次ぎ業績回復を期待した買いが優勢になった。円相場が1ドル=95円台前半まで下落したことや、前日に急落した上海総合指数の下げが一服したことも投資家心理の改善につながった。東証株価指数(TOPIX)は10日続伸し、2004年8月17~30日以来の連騰記録となった。
 前日はホンダのほか日産自が4~6月期で営業黒字を確保したと発表し、自動車株を中心に収益の回復期待が強まった。きょうの取引時間中に4~6月期決算を発表した三菱電が大幅高となり、大引け後に決算発表を控えた同業他社にも物色が広った。
 経済産業省が朝方に発表した6月の鉱工業生産指数速報は4カ月連続で改善し、4~6月期は5四半期ぶりに上昇した。市場では予想の範囲内との見方が多かったが、企業の生産活動が回復に向かっているとして買い安心感につながった。
 一方、相場が年初来高値圏にあることから高値警戒感が根強く、前日に急落した上海株式相場への警戒感もあり日経平均は一時下げに転じた。円相場が一時1ドル=94円台後半まで下げ渋ったこともあり、45円安の1万67円まで下落する場面があった。
 東証1部の売買高は概算で19億4641万株と前日を上回った。売買代金は同1兆5000億円で、24日(1兆6102億円)以来の多さだった。値上がり銘柄数は675と全体の4割弱にとどまった。値下がりは834、変わらずは173だった。
 ホンダや日産自が急伸。トヨタ、スズキなど他の自動車株にも買いが広がった。三菱電が年初来高値を更新したほか、大引け後に決算発表を控えたソニーも買われた。前日に4~9月期の営業損益で黒字を目指すとした東芝も上昇した。一方、国際商品相場の下落を受けて住友鉱が下げた。午後に2010年3月期の業績予想を下方修正した住金が下落。4~6月期の営業損益が209億円の赤字となったNECエレも売られた。
 東証2部株価指数は反落。オリコ、中央電が下落した。半面、日立システム、大幸薬品が上げた。〔NQN〕

 

 


(売参加者・上位10社)
 ニューエッジ -11752
 UBS    -10020
 ドイツ     -4347
 安 藤     -3654
 JPモル    -3441
 SBIS    -2640
 立 花     -2163
 バークレイズ  -2079
 ゴールド    -1993
 松 井     -1968
 
(買参加者・上位10社)
 ニューエッジ +11368
 UBS     +9571
 ドイツ     +4831
 安 藤     +3485
 JPモル    +3296
 SBIS    +2564
 バークレイズ  +2383
 大和SM    +2348
 モルガンS   +2205
 クレディ・スイ +1893
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-07-30 16:09)

 

 

[東京 30日 ロイター] 東京証券取引所が30日にまとめた7月第4週(7月
21日―7月24日)の3市場投資主体別売買内容調査によると、外国人の買い越しが
続いた。投資信託、個人は売り越しを継続した。
 
         <株式・投資家別売買内容・60社>
                         単位 : 100万円
                  売り                買い                差し引き
個人     1560123   1146147   ―413976
外国人    2003469   2356092    352623
投資信託    126210    123309     ─2901
事業法人     80501     51034    ―29467
生保・損保    21504      9532    ―11972
長銀・都銀     6342      4603     ─1738
信託銀行    231376    283065     51688
--------------------------------------------------------------------
委託     4249061   4177728    ─71332
自己     1311176   1399424     88248

 

 

[東京 30日 ロイター] ソニー<6758.T>は30日、2009年4―6月営業損益(米国会計基準)が257億円の赤字に転落したと発表した。前年同期は734億円の黒字だった。世界的な景気後退や円高の影響を受けた。営業損益予想は、トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト5人の予測平均値1030億円の赤字を上回った。 
 円高による影響が約680億円、構造改革費用の増加334億円、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズを主とする持分法適用会社の業績悪化が営業損益悪化要因となった。
 2010年3月期の営業損益予想は1100億円の赤字で据え置いた。トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト17人の予測平均値1168億円の赤字を上回っている。前年同期は2277億円の赤字だった。
 大根田伸行副社長は会見で「4―6月期は想定を上回ったが、先行きの事業環境が不透明であり、通期の業績予想は据え置いた」と述べた。
  
[ワシントン 29日 ロイター] 米労働省が29日発表した6月の都市部失業率統計によると、全372都市圏のうち18都市圏で失業率が過去最悪となる15%を超える水準に上昇した。また、6カ月連続で全372都市圏で失業率が上昇した。
 失業率が15%を超えた都市のうち8都市は、カリフォルニア州の都市だった。また、失業率が10%を超えた都市圏の数は144となり、5月の112から増加した。昨年6月に失業率が10%を超えていたのは6都市圏だった。
 人口100万人以上の49都市・地域のうち、デトロイトの失業率が17.1%と、最悪となった。次いで高かったのが13.7%のカリフォルニア州のリバーサイド・サンバーナーディーノ地域。
 調査対象となった都市のうち、352都市が雇用の数が前年と比べて減少したと回答。一方、16都市が雇用数が増加、1都市が変化はなかったと回答した。
 

30日前場の日経平均株価は前日比3円25銭高の1万116円49銭と小幅続伸。業績改善期待から自動車株が堅調で、寄り付き前の6月鉱工業生産が4カ月連続の増加となったことも市場心理の改善につながった。ただ、全般には手掛かり材料難で、次第に手控えムードも強まり、下げに転じる場面があった。東証1部の出来高は8億6618万株。売買代金は6798億円。騰落銘柄数は値上がり486銘柄、値下がり1055銘柄、変わらず133銘柄。
 
 岩井証券・イワイリサーチセンター長の有沢正一氏は「前日の中国株安を警戒する売りも出たが、売り込む要因にはならなかった。一方で、仮に中国株が堅調に推移しても、買い材料になるかは不透明。これまでの決算は飛びぬけて良くはないが、悪くもない。3月末と比較して改善もみられるが、全体的にはほぼ予想通り。いつ1万円から上のレンジ相場になるかは判断しにくい。目先、1万円台で値固めが予想される。きょうは主力の輸出関連株が相場を支えているが、やや円高に振れている点は気になる」と指摘している。
 
 業種別では、10年3月期連結業績予想を上方修正したホンダ<7267.T>や、第1四半期で営業黒字を確保した日産自<7201.T>など自動車株が高い。トヨタ<7203.T>も買われ、米社の自動車部品事業を買収するトヨタ系のジェイテクト<6473.T>なども物色された。日興シティ証が投資評価を引き上げた東芝<6502.T>や、富士通<6702.T>などハイテク株もしっかり。
 
 半面、NY原油価格の下落を背景に、新日石<5001.T>、国際帝石<1605.T>など石油関連株も売られ、三菱商<8058.T>など商社株も下落した。NY金価格の下落を受け、10年3月期第1四半期連結で営業益65%減の住友鉱<5713.T>など非鉄金属株もさえない。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、9業種が上昇した。
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-07-30 11:27)

 

[先物OP市場ウォッチ]
*09:45JST 浮動株比率定期見直しに伴うTOPIXリバランスに注目

今日の大引けで、浮動株比率の定期見直しに伴うTOPIXリバランスが行われる。TOPIXをベンチマークとするパッシブファンドの資金が12~13兆円存在すると想定した場合、今回のリバランスは対TOPIXで-25ベーシスポイント前後となり、現物株では中外薬<4519>、ブリヂストン<5108>、旭硝子<5201>、トレンド<4704>などに比較的大きな売り需給が発生する。
この-25ベーシスポイントは金額換算で300億円強となり、対峙する形でTOPIX先物またはTOPIXのその他構成銘柄には買い需要が発生することになる。金額的にはかなりインパクトが大きい(みずほFGの公募増資時のリバランス需給で対TOPIX+25ベーシスポイント前後だった)ことから、引け前のTOPIX上昇要因として注目されそうだ。《YU》

 

楽天証券株式会社

少額投資も信用取引も格安の手数料!【いちにち定額コース】少額投資なら、1日に何回取引しても規定の約定代金までは定額!


楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。
1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。
2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール
口座開設料・口座管理料は無料!資料のご請求はこちら


■□■□<楽天証券は2コースから選べる手数料プラン!!> ■□■□■□■□
その1 いちにち定額コース: 1日の約定代金の合計で決まる手数料
その2 ワンショットコース: 1回の約定ごとによって決まる手数料
口座開設料・口座管理料は無料!!資料のご請求はこちら


 

業界屈指の手数料SBI証券

業界屈指の手数料
国内株式の手数料体系は、投資スタイルに応じてお選びいただけるよう、1注文の約定代金に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」と、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」の2種類をご用意しています。

管理人も先物取引をここでしています
手数料がとにかく安い!


サービスやツールも豊富で文句ナシ






[東京 30日 ロイター] 経済産業省が30日発表した6月鉱工業生産指数速報(
2005年=100、季節調整済み)は前月比2.4%上昇の81.0となり、4カ月連
続の上昇となった。ロイターの事前予測調査では前月比2.4%の上昇と予想されていた
が、発表数値は予想と同じだった。この結果、4─6月の生産は前期比8.3%上昇とな
り、5期ぶりの上昇に転じた。生産予測指数は7月が前月比1.6%上昇、8月が同3.
3%上昇となった。
 
 経済産業省は、生産の基調判断を前月の「持ち直しの動き」で据え置いた。 業種別に
みると、電子部品デバイス、鉄鋼、化学が上昇に寄与した。 鉱工業出荷指数は前月比3
.5%上昇、在庫指数は同1.0%低下した。
  
 発表後の外為市場では、ドル/円<JPY=>が95円付近でもみあうなど、値動きに大きな
変化は出ていないという。
 みずほ証券・シニアマーケットエコノミストの清水康和氏は、7―9月期の生産指数に
関連し、9月の生産がゼロだった場合の試算で前期比7.4%上昇となるとの見通しを示
した。その上で「息切れ感は出ず、7―9月も持ち直しが続く」との見方を示している。
 
 6月鉱工業生産指数速報の概要は以下のとおり。
 
(2005年=100)
       指数    前月比    (%、季節調整済み)  
─────────────────────────────────
 生産    81.0   +2.4   
 出荷    81.7   +3.5
 在庫    95.4   ‐1.0    
 在庫率  129.1   ‐9.8
 
 製造工業生産予測指数 (前月比%)
          
      7月  +1.6%
      8月  +3.3%
 
 *経産省の発表資料は以下のURLでご覧ください。
  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/index.html

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。