日経先物・株式・デイトレ等の投資に役立つ経済ニュースをリアル配信!日々の先物手口を夕場の寄り前に掲載。先物建玉残上位3社も掲載
 
TOPフリーエリア
『日経225先物・オプション情報局』へようこそ! パソコンの画面のサイズや設定により 両サイドがうまく表示されない場合があります 両サイド共に重要な情報が記載されていますので 表示されていない場合はスクロールにて対応お願いします!       ★日経平均先物リアルタイムニュース  ★株銘柄情報  ★特選情報  ★人気・注目ファンド      ★No.1ネット証券  ★無料銘柄診断  ★マーケットスピード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[先物OP市場ウォッチ]
*07:18JST 抵抗線・支持線

----
○抵抗線・支持線(日経平均先物・中心限月)

9/10高値                10490
一目・基準線            10445
CME高値(円建)      10445
CME清算値(ドル建)  10400
イブニング高値          10390
イブニング終値          10390
CME安値(ドル建)    10375
SGXイブニング終値    10375
前日高値                10370
25MA                  10362
前日終値                10340
                        10335   CME清算値(円建)
                        10325   一目・転換線
                        10320   イブニング安値
                        10300   CME安値(円建)
                        10260   5MA
                        10250   OP権利行使価格
                        10250   前日安値
                        10231   25MA-σ
                        10147.65        6月限SQ値


○抵抗線・支持線(日経平均・現物指数)

標準偏差+2σ       10623.93
レジスタンス(2)     10461.07
基準線           10454.61
レジスタンス(1)     10415.81
25日移動平均       10371.97
終値            10370.54
ピボット          10354.15
転換線           10346.49
サポート(1)       10308.89
5日移動平均        10300.96
サポート(2)       10247.23
先行スパンA        10140.03
標準偏差-2σ       10100.66
100日移動平均      9862.98
先行スパンB        9840.36
200日移動平均      9032.77

-----

◎これはお得!
◎激安メモリー相性補償アリ!
メモリー増設で快適パソコン
相性補償アリ!
スポンサーサイト
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
◇今日の株価材料(新聞など・19~24日)JALの新旧分離要請へ
▽23日のダウ平均は反落 FOMC声明は景気判断上方修正も利益確定の売り
▽トヨタ、証券事業を譲渡 東海東京証券と合併(日経)
▽フジHD、米音楽出版社を約50億円で買収(日経)
▽アイフル、270店削減 返済猶予、きょうにも要請(日経、以上24日)
▽鳩山首相、国連サミットで温暖化ガス25%削減表明(各紙)
▽JAL、関空の国際線6割減(日経)
▽トヨタ、2009年の世界生産を50万台上積みの650万台に(日経)
▽カナダの自動車部品大手マグナの共同CEO「日本車大手と関係強化」(日経、以上23日)
◎楽天ラッキーくじ
▽政投銀など主力行、JALの新旧分離を要請へ(日経)
▽東電やJパワー、CO2削減のため水力発電の設備増強(日経、以上22日)
▽JFEや神戸鋼、鋼材の輸出先を中韓から中東・インドへシフト(日経)
▽独VW、スズキへ出資を検討 独紙報道(産経)
▽ABCマート、台湾に来月進出(日経、以上21日)
▽三菱電や日立など、エレベーターを一斉値上げ(日経)
▽政府、企業の温暖化ガス排出枠を11年度にも割り当て(日経、以上20日)
▽補正凍結3兆円超 基金や施設整備費(各紙)
▽ウィルコム、返済延長要請へ 債務1000億円、私的整理の方針(日経)
▽イオンクレの3~8月期最終赤字63億円(日経)
▽豊田通商、ハイブリッド車用リチウムイオン電池材料を中国で合弁生産(日経)
◎最大90%OFF Amazon.co.jp
超お買い得商品が満載
割引率も大きいからちょくちょく利用してます!
▽ニトリの3~8月期、純利益3割増 配当年間50円に引き上げ(各紙)
▽ピジョン、中国に新工場 15年度売上高200億円狙う(日経)
▽三洋電、洗濯乾燥機の再リコール、損失100億円に(各紙)
▽太平洋セメの4~9月期、最終赤字90億円(日経)
▽Jフロント、3~8月期営業益6割減の60億円程度に 従来予想は上回る(日経)
▽東芝や三菱電、エプソンなど中間配当を見送り(各紙)
▽私鉄大手の4~9月期、鉄道収入が低迷(日経)
▽テンアライドの10年3月期は5億8800万円の最終赤字(日経)
▽あさひの3~8月期、税引き益55%増(日経)
▽トーメンエレの4~9月期、純利益49%減(日経)
▽オークワの10年2月期、純利益51%減(日経)
▽大ガスの4~9月期純利益300億円 LNG安で上方修正(日経、以上19日)
〔NQN〕
◎激安家電・カメラ・時計
量販店よりネットが安い!

[先物OP市場データ]
*07:10JST 225オプション:9月18日

----
○225オプション(期近09年10月限)

行使価格  終値 前日比  売買高  建玉残 前日比  IV  デルタ

11750C        4       1     1047     7919    -41    21.11    0.0074
11500C        8       1     4932    18586  -1181    20.18    0.0176
11250C       17       2     7275    13394    950    19.43    0.0430
11000C       40       5     6513    23194    737    19.36    0.1075
10750C       75       5     5133    16225   -314    18.21    0.2133
10500C      150     -10     4451    14425    346    18.02    0.3977
10250C      285     -10     1555     7670    239    19.15    0.6115

10250P      185      20     4573     9917    399    20.54   -0.3947
10000P      100      15     6046    17788   1608    20.89   -0.2247
9750P        55      10     5785    11632   1838    22.21   -0.1170
9500P        30       5     5405    20188   1533    23.68   -0.0575
9250P        14       1     4960     9283    512    24.46   -0.0237
9000P         7       1     4830    19567   1745    25.81   -0.0100
8750P         6       3     2275     9339    299    29.43   -0.0072


○225オプション(期先10年11月限)

行使価格  終値 前日比  売買高  建玉残 前日比  IV  デルタ

11750C       30       5      589     3674    186    20.57    0.0667
11500C       50       0      462     5507     92    20.45    0.1071
11250C       80       0      845     3216    217    20.22    0.1637
11000C      135       0     1143     6252    576    20.74    0.2495
10750C      205       5      378      904    108    20.77    0.3473
10500C      305      -5     1183     5212   1114    21.13    0.4601
10250C      435     -20      110      573     10    21.67    0.5747

10250P      330      20      833     2474    407    22.88   -0.4274
10000P      245      20      745     6188    356    24.10   -0.3300
9750P       175      15      399     3613     -7    24.97   -0.2461
9500P       115       5     1260     4923    335    25.19   -0.1723
9250P        90      15     1220     5758    386    27.34   -0.1297
9000P        60       5     1248    11755    168    28.06   -0.0884
8750P        40       5      392     2743    198    28.95   -0.0593


○総売買高  
 コール   前日比 プット  前日比   P/C   P/C(5MA)  P/C(20MA)
  63486   +10384   77088    +4332    1.21    1.31      1.26

○総建玉  
 コール  前日比 プット  前日比  P/C    P/C(5MA)  P/C(20MA)
 707365    +8770  868792   +18229    1.23    1.21      1.21
-----

◎1円オークション
テレビ・ダイヤ・ブランド・・・
◎証券会社、手数料最低水準
◎楽天ラッキーくじ
◇米国株、ダウ81ドル安 高値警戒で利益確定売り、ナスダックは14ポイント安
【NQNニューヨーク=滝口朋史】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落。前日比81ドル32セント安の9748ドル55セントで取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が23日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で景気判断を上方修正し、好感した買いが優勢になる場面があった。ただ、その後は高値警戒感から利益確定目的の売りが膨らんだ。原油先物など商品相場が軟調だったことを受け、素材やエネルギー株が売られたことも重荷になった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、終値は14.88ポイント安の213
◎激安家電・カメラ・時計
量販店よりネットが安い!
◎1.42だった。
 FOMC声明は米景気について「経済活動は上向いた」と、前回の「横ばいになっている」から上方修正した。一方、政策金利は「今後も長期間、異例の低水準とすることが正当化される可能性が高い」との認識は変えなかった。市場の一部に金融政策の正常化が議論されるとの警戒感があったといい、声明発表後は買い戻しなどでダウ平均が取引時間中では2008年10月7日以来の高い水準となる9917ドルまで上げた。
 ただ、ほぼ1年ぶりの高水準とあって高値圏では当面の利益を確定する目的の売りが膨らんだ。週間の原油在庫が予想に反して増加し、原油先物相場が下落。足もとの相場上昇のけん引役となっていた、素材やエネルギー株に売りが優勢になったことも相場の押し下げ要因になった。
◎証券会社、手数料最低水準
◎楽天ラッキーくじ
 S&P500種株価指数は反落し、10.79ポイント安の1060.87で終えた。業種別S&P500種指数(全10業種)では「金融」や「素材」、「エネルギー」など「通信」を除く9業種が下落した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約13億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約25億9000万株(同)だった。
 前日夕に増資を発表した航空大手USエアウェイズが13%の急落。アナリストが投資判断を引き下げたと伝わった保険大手プルデンシャル・ファイナンシャルは5%下げた。前日に7~9月期の売上高が従来見通しの上限から多少上回る可能性があると発表したハードディスク駆動装置(HDD)大手のシーゲート・テクノロジーは朝高後に下げに転じた。ダウ構成銘柄では金融大手JPモルガン・チェースや建機大手キャタピラーなどが下げた。
 一方、朝方に7~9月期の売上高の上方修正を発表した半導体大手のザイリンクスが4%超上昇。同業のアルテラも3%超上げた。インドで製造する新型コンパクトカーをインド国内やアジア・太平洋地域で販売すると発表した自動車大手フォード・モーターが5%上昇した。ダウ構成銘柄では通信大手AT&Tや半導体大手のインテルが買われた。
◎証券会社、手数料最低水準
◎楽天ラッキーくじ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ロンドン 23日 ロイター] 欧州株式市場は小幅続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちとなった。エネルギー株に売りが出る一方、金融株は堅調だった。
 FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は1.68ポイント(0.17%)高の1006.09。今年3月の安値からは56%上昇、年初からは21%上昇。
 DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は5.64ポイント(0.20%)高の2887.24。
 銀行株ではバンコ・サンタンデール<SAN.MC>、スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.L>、クレディ・スイス<CSGN.VX>、BNPパリバ<BNPP.PA>が1.2─4.3%高。
 通信株では、テリアソネラ<TLSN.ST>が2.6%高。フランステレコム<FTE.PA>が同社の買収に関心を示しているとの憶測が市場で再び流れたという。
 一方、この日発表された週間の米石油在庫統計で原油在庫が予想外に増加し、原油価格が3.5%下落するなか、エネルギー株は軟調となった。BP<BP.L>、ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>、トタル<TOTF.PA>は0.9─1.4%下落した。  
 
◎投資の必須アイテム
[ニューヨーク 22日 ロイター] 米ABCニュースが発表した米消費者信頼感指
数(9月20日までの1週間)はマイナス46となり、前週のマイナス49から3ポイン
ト改善した。
 同指数は最低がマイナス100で最高がプラス100。過去最低は2008年12月1
日までの週および09年1月25日までの週につけたマイナス54。
 指数を構成する3項目は、国内経済について明るい見通しを示した割合が10%と前週
から1%ポイント上昇。家計について明るい見通しを示した割合は45%で前週から1%
ポイント上昇。購買環境が好ましいと回答した割合は26%で、前週から2%ポイント低
下した。
 調査は約1000人が対象。誤差はプラス/マイナス3%ポイント。
 
 週   指数   米経済     家計  購買環境
---------------------------------------------
9/20     -46       10         45         26 
9/13     -49        9         44         24 
9/6      -48        8         45         25 
8/30     -45        8         48         27 
8/23     -45        8         49         25 
8/16     -46        7         48         26 
8/9      -47        8         47         25 
8/2      -49        9         44         24 
7/26     -47        9         44         26 
7/19     -50       10         43         22 
7/12     -51        8         43         22 
7/5      -52        8         42         22 
 
◎1円オークション
テレビ・ダイヤ・ブランド・・・
◎証券会社、手数料最低水準
◎楽天ラッキーくじ
[ニューヨーク 22日 ロイター] 米連邦住宅金融局(FHFA)が22日発表した7月の住宅価格指数は前月比0.3%上昇した。前年比では4.2%低下となった。
 7月の1戸建て住宅価格を示す指数は200.1。6月は199.4、2008年7月は208.9だった。
 6月分は前月比0.5%上昇から0.1%上昇に下方修正された。
 地域別では、南東中央部で前月比0.9%低下する一方、西海岸部で1.6%上昇した。
 
◎投資の必須アイテム
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

◇米国株、ダウ51ドル高 金融株高で昨年10月以来の高値、ナスダック8ポイント高
【NQNニューヨーク=川内資子】22日の米株式相場でダウ工業株30種平均は反発。前日比51ドル01セント高の9829ドル87セントと昨年10月6日以来の高値で終えた。ナスダック総合株価指数は3日続伸し、同8.26ポイント高の2146.30と昨年9月26日以来の高値で終えた。個別の好材料が出た金融株などを中心に買いが優勢となった。
 前日夕に米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が、米政府による不良資産の損失保証を終了すると発表した。財務不安の後退などからバンカメが上昇。アナリストの利益予想の引き上げが伝わったJPモルガン・チェースも上昇するなど、金融株が全般に堅調だった。
 ドル安などを背景に原油や金先物相場が上昇した。商品高が収益改善につながるとしてエネルギーや素材株が買われ、相場を押し上げた。23日発表の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、米連邦準備理事会(FRB)は金融緩和を当面続ける方針を改めて示すとの見方が多い。世界的な流動性供給で景気が回復するとの見方から、一般産業やハイテク株など景気敏感株も買われた。
 S&P500種株価指数は7.00ポイント高の1071.66と昨年10月3日以来の高値で終えた。業種別S&P500種株価指数は全10種のうち、「金融」や「エネルギー」など6種が上昇。一方、「通信サービス」や「ヘルスケア」などが下落。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億6000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約24億2000万株だった。
 バンカメは2%上昇。JPモルガンは4%高で、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。非鉄大手アルコアは2%、石油大手シェブロンは0.8%上昇。アナリストが投資判断を引き上げたヒューレット・パッカード(HP)も高い。同様に投資判断引き上げが伝わった鉄鋼大手USスチールと、百貨店大手のメーシーズはそれぞれ大幅高。
 一方、2011年1月期通期の利益見通しが市場予想を下回ったホームセンター大手ロウズは4%下落。普通株と転換社債での資金調達を発表したアメリカン航空の親会社AMRは6%超の急落。オッテリーニ最高経営責任者(CEO)が、今年のパソコン販売台数が少なくとも前年と同程度になりそうと述べたと伝わった半導体大手インテルは小安い。
 元経営トップが提案したリストラ策について米議会が検討する場を設けると伝わり、前日に急伸した保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は5%下落。買いが先行したが、引けにかけて売りに押された。


[ロンドン 22日 ロイター] 欧州株式市場は3日ぶりに反発。ドル安を背景に原油・金属価格がしっかりとなったことを受け、商品(コモディティ)株が買われた。
 FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は5.35ポイント(0.54%)高の1004.41。今四半期に入ってから約18%上昇しており、四半期ベースではほぼ10年ぶりの大幅な上げとなる勢い。
 DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は9.09ポイント(0.32%)高の2881.60。
 コメルツ銀行のエコノミスト、ピーター・ディクソン氏は「景気後退は終息し、景気は今後一本調子で改善するというのが大方の見解だと思う」と述べた。その上で、相場は経済の実勢を若干上回っているとの見方が高まりつつあるとし、「過去数日は一服商状だったが、今後数日のトレンドは横ばいとなると予想している」と付け加えた。
 ガイトナー米財務長官は、国内経済の成長が勢いを増しているもようだとし、今週開催される20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)では回復の均衡確保を目指すとの見方を示した。
 エネルギー株の上げが目立った。BP<BP.L>、ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>、トタル<TOTF.PA>は0.7─0.9%高。 
 鉱山株ではユーラシアン・ナチュラル・リソーシズ(ENRC)<ENRC.L>、リオ・ティント<RIO.L>、エクストラータ<XTA.L>が1.1─4.4%値上がりした。
 出遅れ感のある医薬品株も買われた。ロシュ<ROG.VX>は1.4%高。
 銀行株ではクレディ・スイス<CSGN.VX>が約3%高。バンコ・サンタンデール<SAN.MC>、クレディ・アグリコール<CAGR.PA>、ドイツ銀行<DBKGn.DE>も0.7─1.7%値上がりした。  
 
◎最大90%OFF 
                           

当ブログは株日記や成績発表のブログではありません

儲ける為の情報ツールブログです   

管理人は専業デイトレーダーとなり早6年目です

この厳しい環境の中、まだ生きています

そのデイトレーダーが活用している情報ツールの掲載です

                       

★注目経済ニュース(一部ブロマガ)

ザラ場中でもリアル配信!だから相場の急変時にも対応できます

★テクニカルで選ぶ注目株

テクラカルから見た日々の特選注目株

毎日10時頃までに配信予定

 

★日々先物手口情報(一部ブロマガ)

その日の日経225先物ラージの上位10社を

原則夕場の寄り前までに掲載。だから夕場での持ち高調整に有利

※応援クリックが多い日は無料閲覧可

 

★日々225オプション手口情報

その日の日経225オプションの直近値の

コール、プットの上位10社を

原則夕場の寄り前までに掲載。だから夕場での持ち高調整に有利

 

★先物OP手口コメント/先物OP市場データ

前日の先物とオプションの手口とその解説

 

★225オプション/先物OP市場データ  

前日引けのオプション状況

 

★先物建玉残 30社        

 

 

 

一挙に30社に大幅拡大

これでほとんどの主な業者の建玉残をカバーできることに!

★オプション建玉ランキング                        

期近のオプション建玉ランキング

.

◎ブロマガサンプルはこちら!

※なおブロマガおしながきは日々進化しますので

最新のおしながきはカテゴリより閲覧下さい!

          

 

 本気で儲けたいと思う方のみご購読下さい

FC2ブログの課金記事「ブロマガ」の詳細は、こちら

ブロマガQ&Aは、 こちら

ブロマガを購読するにはFC2のID取得が必要です

FC2のID取得は、 こちら 

 当サイトのブロマガ購読は、こちら

 

 

 

  ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング) 

 

 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ワシントン 21日 ロイター] 米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード
(CB)が21日発表した8月の景気先行指数は、前月比プラス0.6%と5カ月連続で
上昇し、1年半ぶりの高水準となった。
 8月の先行指数は102.5と、2008年1月以来の高水準となった。エコノミスト
予想はプラス0.7%。7月分はプラス0.6%からプス0.9%に上方修正された。
 CBのエコノミスト、ケン・ゴールドスタイン氏は「景気後退が底打ちしたことを示し
ている。今回の数字は、深刻な落ち込みの後に回復が非常に近いとの見方と一致している。
ただ回復の強さとパターンについては一段と不確実性が高まっている」と述べた。
 IHSグローバル・インサイト(マサチューセッツ州ウォルサム)の米国エコノミスト、
ブライアン・ベシューン氏は「マネーサプライが再び減少したのは良いことではない。一
方、ほかの項目は経済が第3・四半期に上向いていることを示しており、これは大きな驚
きではない」と述べた。
 「われわれの見方としては、今回(の回復)は自動車買い替え支援策など多くの一時的
な要因によるもので、持続可能ではない。年末までには勢いの減速が見られるだろう」と
続けた。
 一致指数は前月から変わらずの99.8。遅行指数はマイナス0.1%の110.2だ
った。
 
 詳細は以下のとおり。
 
(季節調整後、2004年=100、前月比、%)
 
        8月指数   8月  7月  7月速報 6月   6月速報
先行指数   102.5    0.6   0.9    0.6   0.8    0.8  
一致指数     99.8   unch   0.1   unch  -0.4   -0.4  
遅行指数     110.2   -0.1  -0.5   -0.3  -0.9   -0.7  
 
エコノミスト予想(ロイター調査)
 先行指数  +0.7 pct   
 
◎三井住友グループ
業界最低水準の金利
◎これはお得!
◎激安メモリー相性補償アリ!
メモリー増設で快適パソコン
相性補償アリ!
[ロンドン 21日 ロイター] 欧州株式市場は続落。23日に米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表、24―25日にピッツバーグで開催される20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)を控えてリスク資産離れが広がり、銀行株を中心に売りが出た。
 世界経済に引き続き弱さがみられるなか3月以降の株価急伸は行き過ぎである可能性があるとの懸念から、株式のエクスポージャーを減らしドルなどの安全資産に資金を移す動きがみられた。
 FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は7.44ポイント(0.74%)安の999.06。前週16日には11カ月超ぶりに1000ポイントを超え、17日には年初来の高値である1013.63をつけた。
 DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は14.73ポイント(0.51%)安の2872.51。
 金融株の下げがきつかった。スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行<STAN.L>、HSBC<HSBA.L>、バークレイズ<BARC.L>、ロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>、BNPパリバ<BNPP.PA>、KBC<KBC.BR>が1―2.1%安となった。
 ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>は5.2%下落。関係筋によると、同行は30億―40億ポンド(49億―65億ドル)の株式売却に対する支持をめぐり投資家と協議に入っている。
 在庫拡大と堅調なドル相場への懸念を背景に金属価格が下落し、鉱山株も軟調となった。アングロ・アメリカン<AAL.L>、リオ・ティント<RIO.L>、エクストラータ<XTA.L>
が1.1―3.6%安。
 BHPビリトン<BLT.L>も2.7%値下がり。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、BHPビリトンが、恐らく一部大手競合を含む企業買収に、180億ドル程度の余剰資金の一部をあてる計画だと報じた。
 エネルギー株もおおむね弱かった。景気回復のペースや弱い燃料需要を示す兆候に対する懸念が強まり、米原油先物が1バレル=70ドルを割り込んだ。
 BGグループ<BG.L>、タロー・オイル<TLW.L>、レプソル<REP.MC>、トタル<TOTF.PA>、スタトイル・ハイドロ<STL.OL>が0.3―2.5%安。一方、BP<BP.L>、ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は若干上昇した。
 ディフェンシブ銘柄の上昇が指数を支援。医薬品のアストラぜネカ<AZN.L>、グラクソ・スミスクライン<GSK.L>、シャイア<SHP.L>が0.3―0.8%上昇した。 
 
◎宮迫・岩尾の髪に驚愕の変化が?!
K-BO-BO-!プロジェクト

◇米国株、ダウ41ドル安 エネルギーなど下落 ナスダック1年ぶり高値
【NQNニューヨーク=古江敦子】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小反落。前週末比41ドル34セント安の9778ドル86セントで終えた。前週末にダウ平均が昨年10月以来の水準に上昇した後とあって、高値警戒感などを背景に利益確定の売りが出た。
 原油や金など商品先物相場が軟調に推移したことから、エネルギー株や素材株が売られた。エクソンモービルやシェブロンなどの石油株、非鉄大手アルコアなどが下落した。このところ上昇が目立った金融株も売られた。
 一方、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に続伸。5.18ポイント高の2138.04と、昨年9月26日以来約1年ぶりの高値を付けた。パソコン大手のデルが朝方、情報処理サービスのペロー・システムズを買収すると発表した。情報技術(IT)セクターでの企業の投資意欲の高まりが好感され、ハイテク株への買いを誘ったとの声が聞かれた。
 S&P500種株価指数は3.64ポイント安の1064.66で終了した。業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「金融」や「エネルギー」、「素材」など8業種が下落。「ヘルスケア」と「IT」が上昇した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億株(速報値)、ナスダック市場は約24億株(同)。
 買収による財務負担への警戒感からデルが4%下げた一方、ペロー・システムズは65%高となった。
 ダウ平均の構成銘柄では、クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)や米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が売られた。朝方発表の四半期決算で赤字幅が前年同期から拡大した住宅建設大手レナーが下落し、KBホームなど住宅株が軒並み下げた。
 一方、アナリストが目標株価を引き上げたゼネラル・エレクトリック(GE)が上昇した。グリーンバーグ元会長兼最高経営責任者が提案した抜本的リストラ策について、米議会が検討する場を設けると報じられた保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が急伸。前週末に慎重な業績見通しが嫌気され下落した携帯情報端末(PDA)大手のパームが反発した。

 

◎1円オークション
テレビ・ダイヤ・ブランド・・・
◎証券会社、手数料最低水準
◎楽天ラッキーくじ

[ワシントン 21日 ロイター] 米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード
(CB)が21日発表した8月の景気先行指数は、前月比プラス0.6%と5カ月連続で
上昇し、1年半ぶりの高水準となった。
 8月の先行指数は102.5と、2008年1月以来の高水準となった。エコノミスト
予想はプラス0.7%。7月分はプラス0.6%からプス0.9%に上方修正された。
 CBのエコノミスト、ケン・ゴールドスタイン氏は「景気後退が底打ちしたことを示し
ている。今回の数字は、深刻な落ち込みの後に回復が非常に近いとの見方と一致している。
ただ回復の強さとパターンについては一段と不確実性が高まっている」と述べた。
 IHSグローバル・インサイト(マサチューセッツ州ウォルサム)の米国エコノミスト、
ブライアン・ベシューン氏は「マネーサプライが再び減少したのは良いことではない。一
方、ほかの項目は経済が第3・四半期に上向いていることを示しており、これは大きな驚
きではない」と述べた。
 「われわれの見方としては、今回(の回復)は自動車買い替え支援策など多くの一時的
な要因によるもので、持続可能ではない。年末までには勢いの減速が見られるだろう」と
続けた。
 一致指数は前月から変わらずの99.8。遅行指数はマイナス0.1%の110.2だ
った。
 
 詳細は以下のとおり。
 
(季節調整後、2004年=100、前月比、%)
 
        8月指数   8月  7月  7月速報 6月   6月速報
先行指数   102.5    0.6   0.9    0.6   0.8    0.8  
一致指数     99.8   unch   0.1   unch  -0.4   -0.4  
遅行指数     110.2   -0.1  -0.5   -0.3  -0.9   -0.7  
 
エコノミスト予想(ロイター調査)
 先行指数  +0.7 pct   
 
◎利用者目線のお得情報
お得な情報が満載!
◎価格ナビ 楽天最安値チェック!
どうせ買うなら最安値で超おトク!

フルテクト 抗ウイルス性フルテクトフィルターを採用

豚インフルエンザ、新型インフルエンザ対策に抗ウイルス性フルテクトフィルターを採用マスク

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所とシキボウ株式会社による共同研究により、洗濯50回後でも繊維に付着した鳥インフルエンザウイルスの感染価を99.9%以上低下させる抗ウイルス加工繊維「フルテクト」を開発しました。

 近年、世界中で鳥インフルエンザの感染が問題になっています。鳥インフルエンザは、家禽類のインフルエンザA型ウイルス感染症で、日本では2003年か ら2004年にかけてH5N1亜型ウイルスによる高病原性鳥インフルエンザが発生しました。また2006年に入ってインドネシア等東南アジア、中東地域、 欧州、アフリカで流行拡大の様相を呈しています。高病原性鳥インフルエンザは養鶏業界に多大な経済損失を与えるだけでなく、高病原性鳥インフルエンザウイ ルスが新型ウイルスに変異して人に感染力を持つことが公衆衛生上重視すべき問題とされています。そこで、養鶏業従事者や医療従事者の感染のリスクを低減さ せる為、鳥インフルエンザウイルスに対し抗ウイルス性を持った繊維製品(マスク、白衣、ユニフォーム等)が求められています。
 シキボウは抗菌効果の洗濯耐久性に優れた抗菌加工繊維の製造技術とノウハウを生かし、更に進化した高性能抗ウイルス加工の研究を続けてきました。
 この度、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所との共同研究により鳥インフルエンザウイルスに対し抗ウイルス効果を持ち、その洗濯耐久性に優れた繊維「フルテクト」を開発しました。
 「フルテクト」は非常に安全性の高い有機系抗ウイルス剤を繊維に架橋結合させることにより優れた抗ウイルス効果の洗濯耐久性を実現しています。「フルテ クト」に付着した鳥インフルエンザウイルスは10分間でウイルス感染価が99.9%以上低下することが動物衛生研究所で確認されました。また、洗濯を50 回繰り返しても洗濯前と同程度の効果が確認されました。
 「フルテクト」は2007年春夏商品から鶏舎作業用ユニフォーム、食品産業用白衣、マスク、フィルター、学童用制服、パジャマ、ポロシャツ、ダウンジャケット、羽毛布団側地、布団カバー、シーツ、枕カバー、タオル、医療用白衣等の用途向けに国内外で幅広く展開します。





 

アレルキャッチャー  抗ウイルス素材を使用した多機能マスク

豚インフルエンザ、新型インフルエンザ対策に抗ウイルス素材を使用した多機能マスク

本商品には、ダイワボウグループが京都産業大学(鳥インフルエンザ研究センター:
センター長 大槻公一教授)との産学協同研究において開発した素材を使用しており、この
素材はこれまでの花粉やダニのアレル物質の吸着繊維技術(信州大学との産学協同研究で
生まれた金属錯体を担持した繊維技術)を発展させました。
これにより、ダイワボウグループとして、京都産業大学と産学協同研究において開発した
抗ウイルス素材を使用したマスクは、既にダイワボウポリテック株式会社(大阪市中央区
取締役社長 長 裕美)が発売しているインフルエンザウイルス感染予防に特化した
「プロテクシールドTM」マスクと、花粉・アレルゲンの吸着素材との兼用となる(NEW)
「アレルキャッチャー®」マスクとなり、幅広くニーズにお応えしてまいります。
(NEW)「アレルキャッチャー®」マスクは、一般用として広く使用していただくために、
比較的長時間使用が可能な不織布製のプリーツ型形状を採用し、バクテリア濾過効率(BFE)
99%を有するサージカルタイプで、ウイルス飛沫等に対して高機能性を発揮します。また、
原料から最終パッケージまで、全てを日本国内での生産としました。


 

 上記以外にも

★こちらにも抗ウイルスマスクあります!

 

 

 ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング)  

 

 

某価格比較サイトにも常時上位表示の風見鶏

多種多様の品揃え

パソコンのメモリー増設で不安なのが相性の問題

でも相性補償(オプション)でそんな不安も不要です!

○相性補償 (補償オプションを購入された方のみ)
増設用メモリ、フラッシュメディアはメーカーにより対応確認が取れていないものが数多くございます。万一、相性問題でメモリと使用機器が認識しない場合は返品・交換をお受けさせて頂きます。(返送時の送料はお客様ご負担願います。)
相性補償は、購入時に付けて頂ければ到着後、30日間適用になります。購入手続き後は付けることができませんのでご了承願います。

         

 SD/SDHCカード
容量別
32GB
16GB
8GB
4GB
2GB
1GB
メーカー別
Panasonic
TOSHIBA
サンディスク
グリーンハウス
ハギワラシスコム
トランセンド
PQI
シリコンパワー
A-DATA
PhotoFast
キングストン
フジフィルム
オリジナル
OCZ
レキサー

microSD/microSDHC
容量別
32GB
16GB
8GB
4GB
2GB
1GB
メーカー別
Panasonic
TOSHIBA
サンディスク
ハギワラシスコム
グリーンハウス
トランセンド
PQI
キングストン
シリコンパワー
A-DATA

メモリースティック
容量別
16GB
8GB
4GB
2GB
1GB
512MB
256MB
128MB
メーカー別
ソニー
サンディスク
レキサーメディア

コンパクトフラッシュ
容量別
64GB
32GB
16GB
8GB
4GB
2GB
1GB
メーカー別
サンディスク
レキサーメディア
グリーンハウス
ハギワラシスコム
トランセンド
PQI
A-DATA
PhotoFast
シリコンパワー
PRETEC

xDピクチャーカード
容量別
2GB
1GB
512MB
256MB
メーカー別
オリンパス
フジフィルム

USBフラッシュメモリ
容量別
256GB
128GB
64GB
32GB
16GB
8GB
4GB
2GB
1GB
メーカー別
ソニー
TOSHIBA
A-DATA
PQI
サンディスク
グリーンハウス
シリコンパワー
キングストン
OCZ
WINTEN
PATRIOT
アイ・オー・データ機器

スマートメディア
容量別
128MB
メーカー別
グリーンハウス
ノーブランド

カードリーダー/変換アダプター
メーカー別
松下電器産業
ソニー
サンディスク
グリーンハウス
フジフィルム
PHOTOFAST
ハギワラシスコム
サンワサプライ
その他
バッファロー
規格別
カードリーダー・外付けタイプ
カードリーダー・PCカードタイプ
変換アダプター
メモリカードケース

増設用メモリ・デスクトップ用
規格別
DDR400
DDRII 667
DDRII 800
DDRII 1066
DDR 266
DDRIII 1333
PC133
DDRIII 1600
メーカー別
SAMSUNG
KINGMAX
ELPIDA
アイ・オー・データ機器
シリコンパワー
UMAX
PNY
PQI
グリーンハウス
A-DATA
バッファロー
hynix
トランセンド
アドテック
その他
変換基盤

増設用メモリ・ノート用
規格別
DDR266
DDR333
DDR400
DDRII 667
DDRII 800
DDRIII 1066
PC133
DDRII 533
メーカー別
バッファロー
グリーンハウス
アイ・オー・データ
キングマックス
UMAX
エレコム
PQI
トランセンド
hynix純正
その他

増設用メモリ・モバイルノート用
規格別
DDR Micro 333
DDRII Micro 533
メーカー別
バッファロー
グリーンハウス
エレコム
トランセンド
その他

SSD
規格別
1.8"ZIF
1.8"IDE(44pin)
1.8"IDE(50pin)
2.5"IDE
1.8"MicroSATA
1.8"SATA
2.5"SATA
PCIe
ExpressCard
eSATA
変換アダプター/取付パーツ
メーカー別
SAMSUNG
PhotoFast
グリーンハウス
OCZ
Walton Chaintech
intel
トランセンド
その他

デジタルカメラ
コンパクトタイプ
一眼レフタイプ
レンズ・アクセサリ
バッテリー・ケース・その他
メーカー別
キャノン
ニコン
ソニー
オリンパス
パナソニック
フジフィルム
カシオ
リコー
ペンタックス
ケンコー
ポラロイド
その他

デジタルビデオカメラ
キャノン
グリーンハウス
その他

デジタルフォトフレーム
ドリームメーカー
KEIAN
グリーンハウス
テクタイト
Kenko
Samsung
ソニー
トランセンド

デジタルオーディオ
DVDプレーヤー
オーディオプレーヤー

ノートパソコン
MSI Computer
ASUS
レノボ・ジャパン
富士通
NEC
ソニー
東芝
その他

デジタル関連品・その他
スキャナ
液晶ディスプレイ
miniSDカード
パソコン周辺機器
その他

会社案内

ショッピングガイド
お支払方法
保証規定・送料・配送方法
領収書・その他伝票・注意事項
初期不良・変更・キャンセル
メールご対応について

豆知識

質問とこたえ

容量

各種オプション

大特価セール品
SD/SDHCカード
コンパクトフラッシュ
miniSDカード
microSDカード
USBフラッシュメモリ
メモリースティック
xD・スマートメディア
PC用増設メモリ
カードリーダー・アダプター
フラッシュメモリ関連品
在庫処分品

バルク品
SDHCカード
microSD/SDHCカード
コンパクトフラッシュ
メモリースティック

           

 

 

 ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング)  

 

[ワシントン 18日 ロイター] 米連邦預金保険公社(FDIC)は18日、アーウィン・フィナンシャル<IFC.N>傘下の2行を業務停止とした。年初来の米銀破たんはこれで94件となった。
 FDICによると、業務停止したのはアーウィン・ユニオン・バンク・アンド・トラスト・カンパニーとアーウィン・ユニオン・バンク。ファースト・フィナンシャル・バンク・オブ・オハイオ<FFBC.O>が両行の預金を引き継ぐ。
 アーウィン・ユニオン・バンク・アンド・トラスト・カンパニーの資産は27億ドル、預金残高は約21億ドル。アーウィン・ユニオン・バンクは資産が4億9300万ドル、預金残高は約4億4100万ドル。
 FDICの預金保険基金が負担する金額は2行合計で8億5000万ドルとなる見通し。 
 
◎最大90%OFF 
                           
[北京 19日 ロイター] 中国国家統計局のチーフエコノミスト、姚景源氏は19日、国内経済について、今年の目標である8%成長の達成は可能だが、まだ問題が残っており、現状に満足してはならないと述べた。
 国営通信社の中国新聞社が報じた。
 同氏は上海のフォーラムで講演し、景気回復の基礎は磐石ではなく、多くの不透明要因が存在すると指摘。
 8%成長の達成については「困難だが問題はない」と述べた。
 同氏は、昨年下半期に始まった景気減速には歯止めがかかったが「これを手放しで喜んではいけない。中国経済の回復の基礎はまだ磐石ではなく、多くの不透明要因が存在する」との認識を示した。
 インフレ再発のリスクについては、少なくとも今年は懸念要因とはならないとの見方を示した。 
 
◎価格ナビ 楽天最安値チェック!
どうせ買うなら最安値で超おトク!

うまくいけば1円でなんでも揃うかも?
チェックしないと損しちゃいそう
管理人もちょくちょく安く買わせてもらってますよ




ファッションで探す
 ・レディース ファッション・靴
 ・メンズ ファッション・靴
 ・バッグ・小物・ブランド雑貨
 ・ジュエリー・腕時計
 ・インナー・ナイトウェア
 ・キッズ・ベビー・マタニティ

家電製品・インテリア
 ・家電・AV・カメラ
 ・パソコン・周辺機器
 ・インテリア・寝具・収納
 ・キッチン・日用品雑貨・文具

車・バイク
 ・車・バイク
 ・車用品・バイク用品
食べ物。飲み物
 ・食品
 ・スイーツ
 ・水・ソフトドリンク
 ・日本酒・焼酎
 ・ビール・洋酒

美容・健康
 ・ダイエット・健康
 ・医薬品・コンタクト・介護
 ・美容・コスメ・香水

ホビー・スポーツ
 ・おもちゃ・ホビー・ゲーム
 ・スポーツ・アウトドア
 ・ゴルフ
 ・ペットフード・ペット用品

       音楽・映画・本
 ・CD・DVD・楽器
 ・本・雑誌・コミック

チケット・サービス
 ・旅行・出張・チケット
 ・学び・サービス・保険

住まい・ガーデニング
 ・花・ガーデン・DIY
 ・不動産・住まい

 ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング) 

 

当ブログは株日記や成績発表のブログではありません

儲ける為の情報ツールブログです   

管理人は専業デイトレーダーとなり早6年目です

この厳しい環境の中、まだ生きています

そのデイトレーダーが活用している情報ツールの掲載です

                       

★注目経済ニュース(一部ブロマガ)

ザラ場中でもリアル配信!だから相場の急変時にも対応できます

★テクニカルで選ぶ注目株

テクラカルから見た日々の特選注目株

毎日10時頃までに配信予定

 

★日々先物手口情報(一部ブロマガ)

その日の日経225先物ラージの上位10社を

原則夕場の寄り前までに掲載。だから夕場での持ち高調整に有利

※応援クリックが多い日は無料閲覧可

 

★日々225オプション手口情報

その日の日経225オプションの直近値の

コール、プットの上位10社を

原則夕場の寄り前までに掲載。だから夕場での持ち高調整に有利

 

★先物OP手口コメント/先物OP市場データ

前日の先物とオプションの手口とその解説

 

★225オプション/先物OP市場データ  

前日引けのオプション状況

 

★先物建玉残 30社        

 

 

 

一挙に30社に大幅拡大

これでほとんどの主な業者の建玉残をカバーできることに!

★オプション建玉ランキング                        

期近のオプション建玉ランキング

.

◎ブロマガサンプルはこちら!

※なおブロマガおしながきは日々進化しますので

最新のおしながきはカテゴリより閲覧下さい!

          

 

 本気で儲けたいと思う方のみご購読下さい

FC2ブログの課金記事「ブロマガ」の詳細は、こちら

ブロマガQ&Aは、 こちら

ブロマガを購読するにはFC2のID取得が必要です

FC2のID取得は、 こちら 

 当サイトのブロマガ購読は、こちら

 

 

 

  ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング) 

 

 

楽天市場ならなんでも安くそろっちゃう


                                                    


















              




















      

















               




























               


                



┏     パソコン・周辺機器
┣     家電/AV・カメラ
┣     楽器・音楽機材
┗     おもちゃ・ホビー・ゲーム
┏     本(楽天ブックス)
┣     CD DVD/レンタル
┣     ダウンロード/音楽配信
┣     無料動画/プレミアム動画
┗     イベント・チケット予約
┏     車・バイク
┗     車用品・バイク用品
   
   
┏     メンズ ファッション・靴
┣     レディース ファッション・靴
┣     バッグ・小物・ブランド雑貨
┣     ジュエリー・腕時計
┣     下着・ナイトウエア
┗     キッズ・ベビー・マタニティ
┏     インテリア・寝具・収納
┗     キッチン・日用品雑貨・文具
┏     スポーツ・アウトドア
┗     ゴルフ用品/ゴルフ場予約
   
   
┏     食品/スイーツ/出前
┣     水・ソフトドリンク
┣     ワイン/ビール・洋酒
┗     日本酒・焼酎
┏     ダイエット・健康
┣     医薬品・コンタクト・介護
┗     美容・コスメ・香水
┏     花・ガーデン・DIY
┗     ペットフード・ペット用品
┏     学び・サービス/保険
┗     ビジネス見積/不動産

etc・・・

 ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング)

 

[ワシントン 18日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は銀行報酬に関する広範なルールを近く提案する。関係筋が18日、明らかにした。
 FRBの監督下にあるすべての銀行に対し、現在の権限の下で行う見込み。経営の安定性や健全性を脅かす可能性があるリスクテイクに携わる担当者全員に適用される。
 幹部だけでなく一般社員による過剰なリスクテイクも抑制することが狙い。
 同筋によると、FRBは2つのアプローチを取り、大手銀行は競合他社と慣行を比較するため横断的な審査プロセスの対象となる一方、中小銀行の報酬調査は通常の査定の一環となる公算が大きい。
 また、一定の報酬上限を一律に課すことはない見通しとした。
 同案はFRB理事会の承認が必要となるが、数カ月単位ではなく数週間単位で進行する見込みだという。
 また、施行前にパブリックコメントを募集する見通し。 
 
◎宮迫・岩尾の髪に驚愕の変化が?!
K-BO-BO-!プロジェクト

◇米国株、反発 ダウ36ドル高、昨年10月以来高値、P&Gが上昇
【NQNニューヨーク=海老原真弓】18日の米株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は前日比36ドル28セント高の9820ドル20セントと、2008年10月6日以来の高値で終えた。アナリストが投資判断を引き上げた日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などが買われ、ダウ平均の上昇を支えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は6.11ポイント高の2132.86で終えた。
 ダウ平均構成銘柄ではP&Gに加え、石油大手シェブロンの投資判断が引き上げられた。住宅大手のトール・ブラザーズやKBホームの投資判断引き上げも伝わった。このところ相場の支援要因になっている米景気の回復期待に加え、こうした銘柄の上昇が相場を押し上げた。ただ主要な株式指数は昨年秋以来の高値圏で推移しているため、利益確定売りが出て上値を抑えた。
 S&P500種株価指数は2.81ポイント高の1068.30で終えた。業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「通信サービス」「消費安定」など5業種が上昇。一方、「ヘルスケア」など5業種が下落した。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約22億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約29億1000万株(同)だった。この日は株価指数先物、同オプションなどの権利行使最終日が重なり、売買高が膨らんだ。
 P&Gは3%上昇し、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。通信大手AT&Tがしっかり。トール・ブラザーズは3%上昇し、KBホームも2%超上げた。前日夕に増配を発表した通信系半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が高い。
 一方、前日夕に四半期決算や増資発表と併せて明らかにした売上高見通しが慎重と受け止められた、携帯情報端末(PDA)大手のパームが下落。ダウ平均構成銘柄ではゼネラル・エレクトリック(GE)などが下落した。前日に急伸したアメリカン航空の親会社AMRは利益確定売りに押され、下げた。

◎三井住友グループ
業界最低水準の金利
◎これはお得!
◎激安メモリー相性補償アリ!
メモリー増設で快適パソコン
相性補償アリ!

◆9/18付 三菱UFJ
NTT(9432) 2継続 目標株価3600円→4240円
サイバーエージェント(4751) 3継続
東京急行電鉄(9005) 新規1 目標株価570円
小田急電鉄(9007) 新規4 妥当株価750円
阪急阪神ホールディングス(9042) 新規3
東京ドーム(9681) 3継続 妥当株価300円

◆9/18付 メリルリンチ
きんでん(1944) 新規中立 目標株価840円
ツルハHD(3391) 買い継続 目標株価4500円

◆9/18付 ゴールドマンサックス
日揮(1963) 買い継続 目標株価1950円→2150円
ツルハHD(3391) 買い継続 目標株価4100円→4300円
ユニチャーム(8113) 買い継続 目標株価9500円→9700円
新日本製鐵 (5401) 中立継続 目標株価410円継続
日本電産(6594) 買い継続 コンビクションリスト継続
TDK(6762) 買い継続 コンビクションリスト継続

◆9/18付 野村証券
グリー(3632) 新規1 目標株価12600円
ドワンゴ(3715) 1継続 目標株価32万円
日立ハイテクノロジーズ(8036) 1継続 目標株価2305円
NTT(9432) 1継続
    

◆9/18付 モルガンスタンレー
住友電気工業(5802) Overweight→Equal-weight 目標株価1200円
→1350円
アサヒビール(2502) Overweight継続 目標株価1620円→1800円

◆9/18付 大和証券
武蔵精密工業 (7220) 3→2
ネットワンシステムズ (7518) 2→3
    
◆9/18付 UBS
日本電気硝子(5214) Sell継続 目標株価800円継続
JSR(4185) Sell→Neutral 目標株価1000円→1850円
椿本チエイン(6371) Neutral 短期Buy継続 目標株価340円→400

◆9/18付 ドイツ証券
日本通運(9062) Sell→Hold 目標株価338円→436円
JR西日本(9021) Buy継続 目標株価376000円→394000円
JR東海(9022) Hold継続 目標株価590000円→620000円
ヤマトHD(9064) Hold継続 目標株価1170円→1440円

◆9/18付 クレディースイス
田辺三菱製薬(4508) Underperform→NEUTRAL 目標株価850円→12
00円
日清製粉グループ本社(2002) Neutral→OUTPERFORM 目標株価110
0円→1400円
山崎製パン(2212) OUTPERFORM継続 目標株価1400円→1500円
東洋水産(2875) Neutral→OUTPERFORM 目標株価2100円→2700円
日清食品ホールディングス(2897) NEUTRAL継続 目標株価3300円
→3600円
日本ロジスティクスファンド投資法人(8967) OUTPERFORM継続 目
標株価753000円→780000円

◆9/18付 いちよし証券
アスクル(2678) A継続 妥当株価4500円→5000円
ドクターシーラボ(4924) A継続 妥当株価247000円→250000円
良品計画(7453) NR
フルヤ金属(7826) A→B 妥当株価9340円→9220円
    

◆9/18付 日興CG 
昭和電工(4004) 2M継続 目標株価200円→210円
NECエレクトロニクス(6723) 3H→2H 目標株価750円→1050円
バンダイナムコHD(7832) 2M継続 目標株価1100円→1000円
昭和シェル石油(5002) 3M継続 目標株価900円

◆9/18付 メリルリンチ 
関電工(1942) 新規買い 目標株価800円
東京エネシス(1945) 新規買い 目標株価1100円 
きんでん(1944) 新規中立 目標株価840円
信越ポリマー(7970) アンダーパフォーム継続 目標株価400円→4
70円
ツルハHD(3391) 買い継続 目標株価4500円
キリンHD(2503) 買い継続 目標株価1700円継続
住友大阪セメント(5232) 中立継続 目標株価210円継続
セイコーエプソン(6724) 買い継続 目標株価2100円継続
高島屋(8232) 中立継続 目標株価750円継続
花王(4452) 中立継続 目標株価2100円継続

◆9/18付 コスモ証券
日本パーカライジング(4095) 新規B+
雪国まいたけ(1378) 新規B
信越ポリマー(7970) B継続

◆9/18付 JPモルガン
JSR(4185) Overweight継続 目標株価1850円→2100円
大正製薬(4535) Underweight→Neutral 目標株価1900円継続
三菱電機(6503) Neutral継続 目標株価500円→700円
アドバンテスト(6857) Overweight継続 目標株価2300円→2700円
ウシオ電機(6925) Overweight継続 目標株価2100円→2000円
富士通(6702) Overweight継続 目標株価770円継続
ディスコ(6146) Overweight継続 目標株価7000円継続

◆9/18付 みずほ証券
イズミ(8273) 新規3
ハウス食品(2810) 2継続 目標株価1600円継続
ツルハHD(3391) 1継続 目標株価4600円継続
SUMCO(3436) 3継続 
住友大阪セメント(5232) 2継続 目標株価240円継続
アイフル(8515) 4継続

◎最大90%OFF 
                           

うまくいけば1円でなんでも揃うかも?
チェックしないと損しちゃいそう
管理人もちょくちょく安く買わせてもらってますよ




ファッションで探す
 ・レディース ファッション・靴
 ・メンズ ファッション・靴
 ・バッグ・小物・ブランド雑貨
 ・ジュエリー・腕時計
 ・インナー・ナイトウェア
 ・キッズ・ベビー・マタニティ

家電製品・インテリア
 ・家電・AV・カメラ
 ・パソコン・周辺機器
 ・インテリア・寝具・収納
 ・キッチン・日用品雑貨・文具

車・バイク
 ・車・バイク
 ・車用品・バイク用品
食べ物。飲み物
 ・食品
 ・スイーツ
 ・水・ソフトドリンク
 ・日本酒・焼酎
 ・ビール・洋酒

美容・健康
 ・ダイエット・健康
 ・医薬品・コンタクト・介護
 ・美容・コスメ・香水

ホビー・スポーツ
 ・おもちゃ・ホビー・ゲーム
 ・スポーツ・アウトドア
 ・ゴルフ
 ・ペットフード・ペット用品

       音楽・映画・本
 ・CD・DVD・楽器
 ・本・雑誌・コミック

チケット・サービス
 ・旅行・出張・チケット
 ・学び・サービス・保険

住まい・ガーデニング
 ・花・ガーデン・DIY
 ・不動産・住まい

 ≪先物・株式無料最新情報(ブログランキング) 

 

 

◇株価指数先物・オプション大引け、4日ぶり反落 TOPIX先物続伸
 18日の日経平均先物12月物は4日ぶりに反落。前日の大引けに比べ40円安い1万340円で取引を終えた。前日まで上昇が続いた反動や、5連休となる「シルバーウイーク」を控えて利益確定目的の売りが優勢だった。市場では、鳩山由紀夫政権が始動したばかりとあって具体的な政策発動の進展を見極めたいとのムードが根強い。日本が連休中に、海外の外国為替市場で円高が再び進行することも懸念され、買い手控え気分が強かった。前場と後場を合わせた日中取引の売買高は7万7303枚。
 シンガポール取引所(SGX)の日経平均先物12月物は小反落。前日の清算値に比べ20円安の1万345円で取引を終えた。
 TOPIX先物12月物は後場に持ち直し小幅続伸。前日終値に比べ1.5ポイント高の934.5で取引を終えた。時価総額が大きい大手銀行株の動向に終日、振り回された。亀井静香金融担当相が打ち出した中小企業などの債務返済猶予案を嫌気した銀行株売りが前場に強まると、TOPIX先物への売りが加速。一時は15.0ポイント安の918.0まで下げ、中心限月ベースで7月24日以来、約2カ月ぶりの安値を付けた。ただ、この案について藤井裕久財務相が慎重な発言をしたことが伝わると、後場に銀行株が買い戻され、TOPIX先物も歩調を合わせるように戻した。前場と後場を合わせた売買高は4万2778枚。
 日経平均オプション10月物はプットが堅調だった。日経平均株価が安く推移したことがプット買いを誘った。〔NQN〕

◎1円オークション
テレビ・ダイヤ・ブランド・・・
◎証券会社、手数料最低水準
◎楽天ラッキーくじ
◎最大90%OFF Amazon.co.jp
超お買い得商品が満載
割引率も大きいからちょくちょく利用してます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。