日経先物・株式・デイトレ等の投資に役立つ経済ニュースをリアル配信!日々の先物手口を夕場の寄り前に掲載。先物建玉残上位3社も掲載
 
TOPフリーエリア
『日経225先物・オプション情報局』へようこそ! パソコンの画面のサイズや設定により 両サイドがうまく表示されない場合があります 両サイド共に重要な情報が記載されていますので 表示されていない場合はスクロールにて対応お願いします!       ★日経平均先物リアルタイムニュース  ★株銘柄情報  ★特選情報  ★人気・注目ファンド      ★No.1ネット証券  ★無料銘柄診断  ★マーケットスピード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPIX先物建玉残 30社 の最新情報を

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

上記にて

新カテゴリとして追加

本日ブロマガにて掲載予定!

あなたはもう購読しましたか?

購読していないと日経先物・オプション最新情報は見られませんよ

知ってますか、

投資で勝つ為に有料情報を買っている人が意外と多いってことを

以下を参照してください

投資の有料ブログ記事を購読するならいくら迄?

http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=22378

あなたはもう乗り遅れているのかも・・・?

ブロマガ メニュー

このブロマガは本当に儲けたいという方のみご購読ください!

ブロマガの掲載内容等は本ブログに掲載していますので
カテゴリをご覧ください

購読した期間内であれば閲覧やり放題です

掲載数は月間100記事をかる~く超えるので
1記事あたり10~30円程度とかなりお得!

 ★注目経済ニュース               

相場を動かす経済ニュースをピックアップ。もちろんデイトレにも対応で

ザラ場中もどしどし配信です。勝ってる人は常に情報通です。

 

★先物OP手口コメント/先物OP市場データ

前日の先物とオプションの市場データとコメントです

寄り前の板状況                             

寄り前の板状況です。個別物色の材料にも可

 

先物OP市場ウォッチ

先物・オプション市場をウォッチした情報です

 

★テクニカルで選ぶ注目株 

テクニカルで見た個別銘柄を厳選しています
 
★夕場に間に合う先物手口情報                           
原則夕場の寄り(16時30分)までに
掲載を心がけています。
だから夕場の寄りから持ち高調整の材料になります
応援クリックが少ない日はブロマガのみ閲覧可となります
原則夕場の寄り(16時30分)までに
掲載を心がけています。
 
だから夕場の寄りから持ち高調整の材料になります
 
★TOPIX先物建玉残 30社(月曜日)
毎週明けの夕方に掲載です
建玉残なのでとても重要です
主な先物業者の建玉残を把握することができます
 
毎週明けの夕方に掲載です
 
建玉残なのでとても重要です
 
主な先物業者の建玉残を把握することができます
毎週明けの夕方に掲載です
 
建玉残なのでとても重要です
 
主な先物業者の建玉残を把握することができます
毎週明け2営業日に掲載です
各上位5社を掲載しています

 

※なお、このブログは日々進化しており

最新のブロマガ内容は

カテゴリでお確かめ下さい

※カテゴリはバソコンの画面のサイズにより右下に

表示されることがあります

詳しい内容はこちらのサンプルをご覧下さい

◎ブロマガサンプル


*※購読期間中に万が一ブログの閉鎖等により

 閲覧不可能となった場合返金等できませんので、

 単月購読をオススメいたします

*無断転載は禁止します


*投資は自己責任でお願いします


FC2ブログの課金記事「ブロマガ」の詳細は、こちら

ブロマガQ&Aは、 こちら

  ブロマガを購読するにはFC2のID取得が必要です
FC2のID取得は、 こちら

当サイトのブロマガ購読は、 こちら

 ≪先物・OP建玉と手口最新情報(ブログランキング)≫  

     

 

 

スポンサーサイト

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

上記にて

TOPIX先物建玉残 30社(月曜日)  を追加しました

 

[ワシントン 16日 ロイター] 米連邦預金保険公社(FDIC)は16日、カリフォルニア州の地銀サン・ウォーキン・バンクを閉鎖したと発表した。
 米金融機関の破綻は今年99件目。
 サン・ウォーキン・バンクは、資産7億7500万ドル、預金6億3100万ドル。
 預金は全額、シティズンズ・ビジネス・バンク(カリフォルニア州オンタリオ)が引き継ぐ。
 FDICの預金保険基金の負担は1億0300万ドルとなる見通し。
 今年の米金融機関の破綻が100件を超えれば、貯蓄貸付組合(S&L)危機で181行が破綻した1992年以来となる。 
 

投資に役立つ最新経済ニュース

http://nikkei225news.blog74.fc2.com/

投資に役立つ最新経済ニュースをリアルタイムに配信。ロイター、株式新聞、フィスコ、ラジオNIKKEI、東洋経済、NHKニュース、Yahoo!ニュース等という名高いメディアばかり20社以上の経済ニュースを随時配信。だから一気にまとめ読み!投資は情報と時間が命。無駄なく良い情報を収集できるのがこのサイトです!

 

レーティング情報=クレディ・スイス証券(8日付・1)――ABCマート、サンドラッグなど

エービーシー・マート<2670.T>――投資判断「アウトパフォーム」(強気)継続、目標株価2800円→3150円
 
 サンドラッグ<9989.T>――投資判断「アウトパフォーム」(強気)継続、目標株価2230円→2500円
 
 太陽誘電<6976.T>――投資判断「アンダーパフォーム」(弱気)→「ニュートラル」(中立)、目標株価650円→1060円
 
 京セラ<6971.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)継続、目標株価7800円→8000円
 
 野村ホールディングス<8604.T>――投資判断「アウトパフォーム」(強気)継続、目標株価820円→810円 
 

みずほ証券<8606.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)継続、目標株価380円→350円
 
 松井証券<8628.T>――投資判断「アウトパフォーム」(強気)継続、目標株価950円→850円
 
 マネックスグループ<8698.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)継続、目標株価4万1000円→3万5000円
 
 カブドットコム証券<8703.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)継続、目標株価12万8000円→10万7000円
 
 ・投資判断の対象期間は今後12カ月
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-10-08 10:15)

[7日 ロイター] ウェルズ・ファーゴ証券は、米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>の投資判断を「マーケットパフォーム」から「アウトパフォーム」に引き上げた。ただ、24億ドル程度の費用が見込まれるとして、第3・四半期の利益見通しを下方修正した。
 アナリストのマシュー・バーネル氏は顧客向けノートで、バンカメは社債スプレッド縮小に絡んだ費用20億ドル(1株当たり0.15ドル)と政府による資産保証プログラムの終了に伴う税引き前費用4億2500万ドルを計上する見込みだとした。
 
 バンカメのケネス・ルイス最高経営責任者(CEO)が年内の退任を決めたことの長期的な影響はないとの見方を示した。
 バンカメ株は同業他社に比べて低いとし、目標株価レンジを14─16ドルから24─27ドルに引き上げた。
 
 バーネル氏はまた、米ゴールドマン・サックス<GS.N>の目標株価レンジを169─179ドルから209─220ドルに引き上げた。
 7日午前の米株式市場ではバンカメ、ゴールドマンとも約1%高で推移している。
 

[先物OP市場ウォッチ]
*13:50JST 立会外で大口のクロスを観測

立会外で大口のクロスが立て続けに観測された。《YU》----
13:06
9500円P(12月)294円1000枚
225先物(12月)9800円543枚

13:36
9750円P(12月)390円1150枚
10500円C(12月)140円1150枚
225先物(12月)9800円794枚+184枚
-----

新光電気工業<6967.T>――投資判断「Buy」(買い)、目標株価2000円でカバレッジ開始
 
 イビデン<4062.T>――投資判断「Buy」(買い)、目標株価3800円でカバレッジ開始
 
 日本特殊陶業<5334.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)、目標株価1100円でカバレッジ開始
 
 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>――投資判断「Sell」(売り)→「ニュートラル」(中立)、目標株価400円→380円
 
 東レ<3402.T>――投資判断「Sell」(売り)継続、目標株価300円→400円 
 
日立工機<6581.T>――投資判断「ニュートラル・短期」(中立)継続、目標株価870円→950円
 
 イオン<8267.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)継続、目標株価970円→840円
 
 ユニオンツール<6278.T>――投資判断「Buy」(買い)継続、目標株価3200円→3000円
 
 JR西日本<9021.T>――投資判断「ニュートラル」(中立)継続、目標株価30万円→32万円
 
 ・投資判断の対象期間は今後12カ月(短期の注記があるものについては3カ月以内)
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-10-07 10:52)

川崎汽船<9107.T>――投資判断「3」(弱気)→「2」(中立)、目標株価335円→325円
 
 ニコン<7731.T>――投資判断「2」(中立)→「1」(強気)、目標株価1833円→1799円
 
 ジャパンエクセレント投資法人<8987.T>――投資判断「1」(強気)継続、目標株価41万6000円→52万7000円
 
 ・投資対象期間は12カ月
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-10-07 10:21)

テクニカルで選ぶ注目株=住友鉱――モメンタム系指標が好転するなか、5日線に対するプラスカイ離も回復

非鉄金属と電子材料が2本柱である住友金属鉱山<5713.T>の株価が6日に4営業日ぶりに上昇に転じ、739万株に及ぶ出来高を伴って前日比83円高と反発してきた。モメンタム系指標を見ると相対力指数(RSI)が5日の31%台を底に上昇に転じるなか、ストキャスティックスも10%台半ばの低水準でFASTがSLOWを上回ってきた。5日移動平均線に対するプラスカイ離も回復し、日足一目均衡表においても2本の先行スパンで囲まれた「雲」と呼ばれる抵抗帯の上限からわずかではあるが頭を出してきたことから、目先リバウンド局面が継続しそうだ。
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-10-07 09:03)

テクニカルで選ぶ注目株=フルキャストH――約3カ月ぶりに25日移動平均線に対するプラスカイ離を回復

日雇い派遣でトップのフルキャストホールディングス<4848.T>の日足が下降トレンドを継続していたが、5日に前日比640円高と上伸して終値で25日移動平均線を抜き、翌6日も同180円高と続伸してきた。株価が5日・25日の両移動平均線の上位に位置するなか、2本の移動平均線のカイ離幅も119円程度にまで縮小している。5月27日以来となる5日線と25日線のミニゴールデンクロス(GC)が射程圏内に入っていることから、目先上値を目指す展開が想定され、7000円台乗せを目指す動きが期待できそうだ。日足一目均衡表においても遅行スパンの好転が接近している。
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-10-07 08:58)

テクニカルで選ぶ注目株=日本M&Aセンター ――25日線を抜き5日線と25日線のミニGCが接近

日本M&Aセンター<2127.T>の株価が直近まで3連騰となっており、6日には前日比1万8000円高と上伸してきた。終値で25日移動平均線を抜いており、緩やかに上昇中の25日線に5日線が下から接近している。2本の移動平均線のカイ離幅も1万4680円程度にまで縮小していることから、7月24日以来となる5日線と25日線のミニゴールデンクロスが接近しており、目先上値を目指す展開が期待できそうだ。週足でも13週移動平均線をサポートラインに上昇トレンドが継続している。
 10年3月期連結業績は経常利益で前期比9%の増益見通しである。
 
   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2009-10-07 08:42)

[先物OP市場データ]
*07:31JST 10月限SQ予想:10月6日

----
10月6日    <10月限SQ>
                        リバ・コン換算        デルタ換算
                  (千株)  (億円)    (千株) (億円)
        野村                0        0         -18      -43
        大和                0        0           1       +2
        日興CORD          -12      -28         -17      -39
        GS              -12      -27         -60     -142
        クレディS         16      +39           9      +22
        NエッジJ         24      +56          66     +157
        メリル             60     +141          12      +27
        モルガンS         21      +49          26      +61
        バークレイ        -29      -68         -17      -41
        UBS             57     +135          15      +34
        JPモルガン          4       +8          -3       -6
        BNPパリバ         -29      -68        -104     -248
        HSBC            0        0          46     +108
        日興シティ          0        0           3       +7
        大和SMBC          -19      -45         -46     -110
        ドイツ           73     +174         137     +327
        みずほ証券          4       +8          -5      -11
        三菱UFJ          -145     -346        -145     -346
        ソシエテ           51     +120          61     +145
---- --------------------------
売買合計          リバ・コン換算           デルタ換算   
                     売り      買い          売り      買い
    1銘柄あたり    -246      +310          -415      +376(千株)
    合計金額        -582      +730          -986      +890(億円)

差し引き          リバ・コン換算           デルタ換算   
    1銘柄あたり     +64(千株)              -39(千株)
    合計金額        +148(億円)              -96(億円)


※取引所公表の手口(立会外取引を含む)をもとに作成
※ <1>週末現在の行使価格別ポジションに日々の手口を加減算
  <2>リバーサル・コンバージョンは<1>より同一行使価格毎の
    リバーサル(合成先物の買い=コール買い、プット売り)と
    コンバージョン(合成先物の売り=コール売り、プット買い)を集計し、
    除数と日経225引値から、1銘柄あたりの株数と合計金額を推計
  <3>デルタ換算は<1>にそれぞれのデルタをかけ日経225先物換算し、
    除数と日経225引値から、1銘柄あたりの株数と合計金額を推計

※ リバーサル=SQ時買い方、コンバージョン=SQ時売り方


行使価格別建玉(単位:枚)
              9250P    9500P   9750P      9750C   10000C    10250C
野村            246      953     214          0      150       -21
大和           -127        0       0         17       77         0
日興CORD        203     -578     380         39     -286       -99
GS            108     3325    -542        -50     -600        67
クレディS      144     -843    -393       1069       84       406
NエッジJ        8     1790    -175       1381      476      1108
メリル         2625    -3013     905        801     2189      2931
モルガンS      -53      126    -118        110     -438       405
バークレイ        0     -100     950       -700      -94         0
UBS         1101     -205   -1426       1099     -466      1636
JPモルガン     1227      418   -1075        122       10       -63
BNPパリバ      -422    -1315     771       1100      450      -699
HSBC          0       46       0          0        0         0
日興シティ        0        0       0          0      900      -500
大和SMBC       -666     1493     729          0      840      -325
ドイツ       1090      613     894      -1155     -684      2685
みずほ証券     -378      332      90        -50      210      1281
三菱UFJ          -6      699     -44          0    -1230     -2037
ソシエテ        379     -384    -334        182      869       407

-----
10月限オプションSQコメント:10月6日
 10月限オプションのSQは6日現在の推定建玉から同一行使価格によるリバーサル(OP合成先物の買い=SQ時買い)・コンバージョン(OP合成先物の売り=SQ時売り)を推計すると6万株程の買い超で、全体(手口が発表される範囲)でのデルタ換算は逆に4万株ほどの売り超となっている。食い合い部分は30~40万株程度と推計され、昨日行使価格10000円(合計1900枚)を中心に9750円(同750枚)などでリバーサル・コンバージョンの組成が若干あったものの、全体の建玉も少なく(最も多い行使価格でも2万枚程度)SQでの波乱要素は少ないと思われる。なお、6日現在の10月限の均衡点は10097円となっている。

 ちなみに、過去(12年間)の10月限SQにおける日経225の騰落は上昇7回、下落5回(TOPIXは11年で上昇6回、下落5回)と若干上昇回数が多いが、昨年の10月限は過去最大の▲1164円下落(TOPIXは▲83P安)であった。なお、今年は1月限以降全てのSQで上昇(TOPIXは5月限のみ下落)しているが、今回は果たして・・・?

[先物OP市場ウォッチ]
*08:06JST 上方の窓や26週線が上値抵抗になりそう:見通し

昨日の大証225先物は前日比変わらず(終値9680円)。米株市場の反発を好感し、寄り付きは買い先行でスタート。ただ、昨日も序盤から戻り待ちが大量で、これが指数の上値を圧迫した。為替の円高進行(1ドル=89円割れ)も悪材料に。下値は週足の一目・基準線(9630円)がサポートとして機能した。昨晩の米国株式は続伸。豪州中央銀行の利上げが景気回復のサインと受け止められたうえ、ドル安が好感された。金価格が一時1045ドルと史上最高値を更新し、関連銘柄の上昇に貢献。CMEの225先物(円建て)も一時9825円まで買い進まれたが、終盤は伸び悩んでいる(清算値9725円)。
今日も米株市場は上昇で返っており、円建てCME清算値は前日終値を上回っている。前日比プラスからのスタートが見込まれるが、焦点は「ザラ場でどう動くか?」に尽きる。昨日まで、ローソク足(日足)は8営業日連続で「陰線」を形状。これは戻り売り圧力の強さを示唆している。昨日・一昨日と同様、寄り付き値のワンティック上から、断層のように1000枚売りの板が並ぶようであれば、“高寄り→陰線形状”のパターンは続く可能性がある。外部環境面でも、為替の円高推移(1ドル=89円割れ)は重しになりそう。日中の上値メドは、10/2に空けた窓(9800円-9960円)、26週線(9808円)、一目・雲下限(9855円)、下値メドは7/13安値-8/31高値の61.8%押し(9695円)、前日終値(9680円)を想定する。《YU》

[シカゴ 6日 ロイター] 米ボーイング<BA.N>は6日、第3・四半期に10億ドルの費用を計上する見通しを明らかにした。同社が開発を進めている新大型機「747─8」の製造コスト高や、同型機をめぐる市場環境が厳しいことを理由に挙げた。
 「747─8」貨物機の初飛行に関しては、2009年第4・四半期から2010年初めに延期することを明らかにした。初回の納入時期は10年第4・四半期となる見通し。
 21日に第3・四半期決算を発表し、09年通年の業績見通しも明らかにする。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。